恋人から束縛を受けるのは、嬉しいもの?

束縛を受けるのは、嬉しい?

束縛を受けるのは、嬉しい?

あなたは恋人に対して、次のようなことを思うかもしれません。

「自分のことだけを、見て欲しい」
「他の男性のことなど、考えて欲しくない」
「できることなら、自分のつくった心の檻に、閉じ込めてしまいたい」


相手を好きであればあるほど。大切な人であればあるほどに……。私たちはつい、このように考えてしまいがちです。上記ほどでなくとも、程度の差はあれ誰にでも生じるものだと思います。

たまに思うぐらいであれば、問題はありません。軽い束縛というのは、相手からしても「自分は愛されている」と感じるからです。しかし、あまりにも重い束縛心にはやがて、破滅が訪れます。

破滅というのはつまり、別れのことです。

あなたはこれまで恋人を強く束縛することで、別れを経験したことがありませんか? あなた自身でなくとも、あなたの周囲でそのようなことを見聞きしたことはないでしょうか?

それではなぜ、私たちはこうした強い束縛心を持ってしまうのでしょう? また、どうすればそういった束縛心を克服することができるのでしょうか?

束縛心を克服する前に、まずは「相手を束縛したい」と思うことについての、傾向やメカニズムから解明していきましょう。

強い束縛心を抱きやすい人は、こんな傾向がある

束縛しやすい人の傾向

束縛しやすい人の傾向


結論から言うと……
束縛心が生じやすい人は、自信がない・自己肯定感が低い傾向にあるでしょう。

「この人の心を無理やりにでも束縛しなければ、どこかに行ってしまう」
「私の元になんて、ずっと居てくれるはずはない」
「心変わりは、人間にはよくあることだ」
などなど……。

自信が低い状態に加え、人間関係への不信感もあるでしょう。これらは総じて、他人という鏡を通して、自分自身を見たときに「自信がない!」と感じる人に、あらわれやすい考え方の傾向です。

自信の無さ、そして人間関係への不信感は、強くなればなるほどに、現実化します。

つまり、上記のようなことを考えれば考えるほど、現実となるのです。

つまり、「束縛しなければ、どこかに行ってしまう」と考える人は、そのことが現実化するような行動を取ってしまいがちです。なぜなら、私たちは常に自分の考えを現実化させるよう、行動を取るように意識的にプログラムされているからなのです。

ですので、束縛心を持つ人は、より束縛心を持つような出来事を引き寄せます。「彼女との関係を固定し、所有したい!」と思っている人は、「固定して所有したい!」と思うような現実を、引き寄せます。

例えば、恋人のスマホ。束縛心を持っていない人とっては、何ら変哲のないスマホです。しかし、もしも束縛心を持っている人にとっては……。スマホは常に監視しなければならない、『相手が他の人との連絡を取ってしまうかもしれない、疑わしいツール』です。

少しでも知らない人からの着信があったり、誰かあなた以外とのLINEの通知があれば、気になって仕方がないでしょう。そしてそのもやもやを解消するために、恋人とのいざこざを起こしてしまうかもしれません。

いかがでしょうか? そのままでなくとも、なんとなく身に覚えがありませんか?