マッチングアプリは、やみくもに利用せず「3つのコツ」を押さえよう

闇雲に利用するのではなく、コツを押さえてアプリを使おう

やみくもに利用するのではなく、コツを押さえてアプリを使おう

マッチングアプリを、戦略なしに“ただ使うだけ”では、パートナー探しが難航してしまうかもしれません。筆者の友人や知り合いから聞いた、生のエピソードを元にし、マッチングアプリのコツを以下の3つにまとめました。

1. マッチングアプリ×SNSの合わせ技
2. いいね!の数はうのみにしない
3. 会う前の通話は必須

上記の内容を押さえておけば、あなたの恋人探しは効率がグンと良くなるはず。3つのコツを具体的に紹介します。
 

1:マッチングアプリ×SNSの合わせ技

私がもしもこれから婚活をする女性の立場であれば、絶対に取り入れるべき内容です。次の2ステップを用いたアプリ活用をしてみましょう。

・マッチングアプリで好みの条件の人をフィルタリングする
・SNSで自分を深くアピール&相手のことを詳しく知る


上記2ステップを行う理由はじつにシンプル。マッチングアプリ単体では、お互いを知るのに限界があるからです。例えば、マッチングアプリのプロフィールは文字数制限があります。そのうえ、内容はテンプレになりがち。趣味のタグやサークルを活用したとしても、あまり個性が出せません。

そこで、TwitterやInstagramといったSNS活用がポイントになります。SNSでは、相手のパーソナルな情報をより詳しく知れます。もちろんアカウントの内容次第ではありますが、マッチングアプリのプロフィールだけ見るより、多くの情報を得られるのは明らかです。SNSのアカウントは、DMや通話の際に「会う前にどんな人か知りたい」と言って教えてもらえばOK。さらに自分のアカウントを教えることで、相手にも自分の趣味などを詳しく知ってもらえます。

なかには「会う前には教えたくない」という人もいるかもしれません。その場合は、無理に教えてもらう必要はありません。ただしあなたのアカウントは伝えてみてください。そうすれば「君が教えてくれるなら」と気分が変わって、アカウントを教えてもらえる可能性があります。

ここであなたが教えるアカウントは、日常で使っているものでなくとも大丈夫。恋人探し用に、趣味などの情報を整理したプロフィールや写真を掲載したもので構いません。なぜなら、大切なのは「相手に自分をより深く知ってもらうこと」だからです。
 

2:「いいね!」の数はうのみにしない

これはマッチングアプリを使っていた男性から聞いた話です。その男性は見た目や年収は悪くないものの、ずば抜けているものはありませんでした。

マッチングアプリは良くも悪くも、さまざまなスペックが明確に見えてしまいます。そのため、ずば抜けたものがない限り注目されるのは至難の業。結果として、多くの人は他のライバルのプロフィールに埋もれてしまいがちです。

では、何かしら卓越したものがない男性はどうしようもないのか。実はそんなことがなく、抜け道があります。それは「いいね」の数で注目を集めること。女性からの「いいね」を集めるにはコツがあります。課金によって「いいね」を集める手法があるのです。

多くのマッチングアプリでは、課金によって自分のプロフィールを検索時に上位表示できます。そして上位表示されたプロフィールは、当然ながらたくさんのユーザーの目に留まります。結果として、自然と「いいね」が集まることに。つまり「上位表示されているからいいねを押されやすいユーザー」であって「本当にいいねをもらえるプロフィールや性格のユーザー」かどうかの指標としては怪しい場合があります。

もちろん、なかには素晴らしい男性がいて「いいね」をもらえている可能性もあるでしょう。ですが「いいねがあるから素敵な人」と短絡的に判断するのではなく、しっかりとプロフィールなどを確認して「この人は良い人かどうか」を見極めるのがおすすめです。
 

3:会う前の通話は必須

マッチングアプリで異性と会う前には、通話を一度しておくのがおすすめ。DMの印象とのミスマッチを防げます。

普段はあまり喋らないけど、DMではものすごく陽気に話せるタイプの男性も存在します。反対に、文章のやりとりは苦手だけど、声で話すのは得意という男性もいます。当然ながら、あなたが実際に付き合う上でコミュニケーションを重ねるのは、リアルな対面でのやりとり。それであれば、話すのが得意かどうかを声で見極めるのは大切なポイントです。

私の友人は会う前に通話をしなかった結果、「DMと印象が違いすぎる」という男性に出会ったそうです。それも、一度や二度ではないとのこと。「会話のテンポや雰囲気が合うか確かめるためにも、会う前の通話は必須」と教えてくれました。

ですので「この男性はメッセージと雰囲気が違わないか」「実際に会ったときにも会話が盛り上がるか」といった要素を、事前に通話でスクリーニングしておきましょう。「メッセージと通話の雰囲気がまったく異なり、話してみると全然合わなかった」というケースを避けられます。

時間的・体力的な部分においても、会う前の通話は必須。これからマッチングアプリを始める人には、特に気をつけてほしいポイントです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。