1回目は良い感じだったのに……なんで?

1回目は良い感じだったのに……なんで?

昨今の新たな男女の出会いのツールとして「マッチングアプリ」を使うことに抵抗を感じている人はもはや少ないかもしれません。しかし、実際にマッチングアプリを使っている人の中には「やめ時がわからない」「相手と共通の友人やコミュニティを有していないため関係が不安定」などで悩む人も多いそう。アプリ上での出会いにはリスクがあるのも事実です。

また、マッチングアプリに限らず恋愛初期の関係は「継続させる」ことが大変です。例えば1回目のデートの感触はいい感じだったのに、その後、急に男性から連絡が途絶え、そのまま関係が終わってしまった……なんて経験はありませんか? 連絡が途絶えた理由もわからず、モヤモヤと人知れず悩んでいる女性も少なくないはず。

今回は、1回目のデートの後にどうして男性は連絡を絶ったのか、男性が2回目のデートにあなたを誘わない5つの理由について、女性の皆さまに本音でお伝えしたいと思います。
 

2回目のデートに誘わない男性の本音1:顔が好みでなかった

一番多いのは、やはり実際に会ってみたら自分のタイプではなかったというケースです。これは男女どちらにもあると思いますが、アプリの性質上、今ではカジュアルに加工もできるので写真と実物のイメージが異なると、実際に会った時にテンションが下がってしまうものです。

普段からモテる男性ほど、初めてのデートに関して女性に優しく紳士的に対応するものです。当然ながら会話もうまく合わせてくれたり、ちゃんと奢ったりもしてくれますし、別れ際も「また会いましょうね」なんて声を掛けてくれます。

だから、女性からすれば、結構いい感じの初デートができたと思い、期待するのも無理はありませんが、モテる男性ほどスマートに場を盛り上げるのも上手なのです。その後、期待して待ちつつも連絡が途絶えてしまい、ガッカリするのも仕方がありません。はっきりとした理由がわからないだけにヤキモキしてしまい傷ついてしまいますが、連絡がないこと自体が答えだったりします。
 

2回目のデートに誘わない男性の本音2:相手の結婚モードに少し引いた

初対面の女性側から強い結婚モードを感じたとき、男性が引いてしまうケースです。例えば、初めて会ったにもかかわらず、やたら会社や仕事のことを聞いてきたり、そしてさりげなく年収を探ったり……。さらには、学歴や親との関係などの質問攻め。結婚相手として自分が査定されているんじゃないかという気持ちになり、冷めてしまうこともあります。
 

2回目のデートに誘わない男性の本音3:共通の趣味や話が合わなかった

盛り上がらない

1回目で盛り上がらなかったと感じた場合、それっきりのことも

続いては、単純に会話が盛り上がらなかった、相手を面白いと感じなかった場合です。これは当たり前ですが、お互いの好感度には個人差があります。お互い一緒にいる時に気まずい瞬間があったり、会話しても疲れる感じがあったりすれば、もう次はないとわかるものです。

しかし、そうは言っても女性の方が男性のスペックやルックスに魅力を感じている場合には、やはり次を期待してしまうもの。先ほども触れましたが、優しくて気配りができる男性ほど上手く会話も合わせられるので、1回目のデートだけで男性の本心を見定めるのは難しいでしょう。
 

2回目のデートに誘わない男性の本音4:そもそも遊び目的だった

マッチングアプリの中には、一定数チャラくて下衆な男が存在しています。遊び目的(もっと下世話に言えばヤリモク)の男性は、女性の扱いには慣れているタイプが多く、会話を盛りあげて楽しませることに長けています。初対面でも関係なく、会話の中からチャンスを伺っていたり、やたらお酒を勧めてきたりするかもしれません。

遊び目当ての男性の中でも、その日に強引にガツガツ行くタイプ、1回目は様子を見て2回目以降で目的を達成させる2つのタイプがいます。前者はわかりやすいですが、後者の場合、初めて会った日にちょっと面倒な女性かなと思えば、わざわざそれ以上は追いかけてこないで他にターゲットを変える場合もあります。
 

2回目のデートに誘わない男性の本音5:経済的に依存されそう

今の時代、男性にばかり経済的な負担がくるのは厳しい……

今の時代、男性にばかり経済的な負担がくるのは厳しい……

初デートでも男性は、女性の金銭感覚をシビアにチェックしています。男性も自分から惚れた女性には貢ぐものですが、アプリで初めて出会って、すでに奢ってもらうことが当たり前だと思っているような態度の女性なら、真剣な恋愛候補としては選ばないでしょう。

男性は「好きだからこそ落としたい」、その一心で女性を追いかけて投資するものです。なので、初対面で支払う素振りもせず、ごちそうさますら言わないような女性は、そもそも依存度が高いということで真剣な交際相手としては却下されます。今の日本の経済事情からすれば、そもそも男性にだって稼ぎに余裕があるわけではないので、収入ある旦那さんを上手く捕まえて結婚後はラクをしたいと考えているような女性は敬遠したいと思うのが男性の本音です。
 

男性から追いかけてもらうためには何をすべき?

アプリきっかけで出会い、男性から追いかけられる女性になるためには、彼が想像した以上の女性を演じること。見た目で若さをアピールするばかりでは実際に会った時とのギャップが生じてしまいがちですので、自分の本当の魅力に気付いてくれる人との繋がりだけを大事にするというスタンスで臨みましょう。

あなたの家庭的な一面を見せたり、子どもと遊んでいる優しい姿をイメージさせたりすることができれば、きっと男性のほうからあなたを追いかけてくるはず。いつの時代でも、相手に気付かれない爽やかなあざとさをアピールするのはモテる女性の必勝パターンなのです。


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。