偽物と本物のパートナー

どちらを選ぶ?

どちらを選ぶ?

じつは、同時期に複数の人を好きになることは、ひとつの試練のようなものといえます。それは、どちらかがあなたにとって本物のパートナーで、もうひとりは偽物のパートナーだということです。

私が古今東西のパートナーシップに関する書物を調べていて、ある共通することがありました。それは、本当に豊かなパートナーシップを手に入れた人は、必ず試練が訪れているということです。さまざまな種類の試練がありますが、よくあるものがこの「本物と偽物」が同時に訪れるというもの。

強烈に惹かれる異性が、同時期に目の前にあらわれて選択を迫られます。この現象が起きる理由としては、あなたの神聖な部分である超自我が引き寄せる本物のパートナーに対し、心のなかにあるエゴがあなたを本当に幸せにしまいとして偽物のパートナーを引き寄せるためです。

エゴの惹かれやすい、分かりやすく強烈にセクシャリティを感じる偽物のパートナーは、とても魅力的です。しかし、本物のパートナーはどこか懐かしく未来のビジョンがとても頭に浮かびやすい。優しい恋心のような気持ちを抱かせてくれます。このいかんともしがたい状態が、あなたを苦しめます。

どちらでも幸せになれる?

ここで重要なのは、まずどちらを選んでもある程度は幸せにはなれるし、不幸も感じるということです。偽物と本物とありますが、それぞれに長所と短所があるからです。

エゴの惹かれるパートナーは、あなたの自尊心を満たします。「こんなに素敵なパートナーが自分にはいるんだ!」と誇らしい気持ちになるでしょう。ですが同時に、どこか「本当にこれで良いのかな?」と後ろ髪を惹かれるような寂しい気持ちを感じるでしょう。

一方であなたの超自我が引き寄せた本物のパートナーは、一緒にいると幸福感も感じますが「もう嫌だ!」と思うような感情を引き起こす場面もしばしばあります。それは、幼少期の両親との関係性を再度体験させるものだったり、自分の至らない点を痛感させられるような出来事だったりします。ですがそれを乗り越えると、これまでにないような繋がりを相手に感じます。

どちらを選んでも苦しみはありますし、喜びも感じます。その程度が深いのか浅いのか、その違いがあるというだけです。