モテる人、モテない人の圧倒的恋愛格差

LOVE

誰しも好みの人と相思相愛になりたいものですよね。

「もう恋人が何年もいない」
「恋人はできるけど"重い"といつもフラれてしまう」
「社外の異性の友達が3人もいない。ましてや恋人なんてしばらくいない」


このような人からしばしば恋愛相談を受けることがあります。
みなさん、とても追い込まれた表情をしておられます。
孤独オーラを発しながら、とても苦しそうです。

「出会いなんてもうないのよ! ろくな男がいないわ」
そんなふうに思い込み、なかば被害妄想状態で負のオーラ全開の人もいます。

魅力的な複数の異性からのデートの誘いで過労になる人もいれば、片やこのような「恋愛飢餓状態」の人もいる。
日々、両方の意見を聞いている私は、今の日本社会がいかに「恋愛格差社会」であるかを痛感しています。
「恋愛ヒエラルキー」のピラミッドの上層部だけが恋の楽園に住み、中層部以下は愛に飢えた乾いた日々を余儀なくされているのです。
――この差は、どこにあるのでしょうか?


「恋愛飢餓状態」な人々の悪循環

出会いがないと嘆く彼ら(彼女ら)の多くは、毎日が「会社と家の往復」になっていることが多いのです。
何年も前に別れた恋人や叶わぬ恋の相手を追いかけ続けて勝手に「一方的な一途状態」に陥っている人、高額な結婚相談所に登録して結果が出ていない人もいます。

これだけで、もう辛そうですよね。しかし、悲劇はさらに続きます。

彼らは恋愛に飢えているので、やっと出会った異性 のことをすぐに「恋人候補」としてロックオンしてしまいます。友達として仲良くなる前から、「あの人は運命の人に違いない…」と思い込んでしまいます。さっそく告白をしてみるものの、当然相手からはフラれます。なぜなら、相手はまだその人のことをよく知らず、好きも嫌いも判断しようがないのです。結果、「思い込みが激しくて、周囲が見えない人だな。仲良くなったら厄介なことになりそう……」という印象を持たれ、友達になることすら避けられます。気まずい空気をつくったことから、次回から会合に呼ばれなくなる可能性もあります。

最悪の悪循環です。
つらいつらい状況です。
前にも後ろにも進むことができません。
「もう恋なんてしない!」

という気持ちになってしまうのも無理はありません。


モテる人は当たり前のように実践するテクニック

「恋愛飢餓状態」から起こる、悪循環を断ち切る唯一の方法。
それが分散恋愛法」を身につけるということなのです。

今ならまだ間に合います。
「分散恋愛法」を身につけ、しっかりと恋愛体質の改善をはかってゆきましょう。

事実、あなたは別人のようになれるはずです。恋愛力を向上させ、幸せな恋愛生活ができるようになります。

「悪循環」を断ち切る方法が1つあります。(次のページに続く)