満たされない女性のデザイアを満たす、色気男たち

女性たちをひきつける色気男とは

女性たちをひきつける色気男とは

世の中には2種類の男がいる。
「色気のある男」と「色気のない男」である。

色気のある男は、常に女性からの注目、興味、あるいは接触意欲へを集め続ける。女性からの男性への需要格差、つまり「色気格差」が、この世には確実に存在している。女性を惹きつける能力の差。女性の興味は「色気のある男」だけに一極集中している。

彼女がいようがいまいが、結婚していようがいまいが、そんなことは関係ない。
そこには完全なる「階層=ヒエラルキー」が存在し、金を大量に使うわけでもない。むちゃくちゃイケメンというわけでもない。肩書きがモノをいうわけでもない。

それなのに「遊ばれてもいいから腕を絡ませたい」「ハグのついでにフレンチキスをしたい」……そんな男を「色気男」と定義したい。
今回はリアルに、大都市にはびこる30代~50代の「色気男」を大解剖したい。


「メスを引き寄せるオスの魅力」を持つ男たち

ガイドの潮凪は、大人の社交場と呼ばれる都内のバーによく足を運ぶ。主催するパーティ「大人の海辺の社交場 芝浦ハーバーラウンジ」に関する情報収集が主だ。

本日の場所は六本木某所、賑やかなスタンディングバー。ちょっとプライドが高そうで、雑誌から飛び出してきたような外見の20代のアパレルショップ店員の女性が、「色気男(45歳)」にしなだれかかりヒザに座っている。

「今日は飲むわよ!」そんな言葉すら漏らす彼女たち。今宵を楽しみきるスイッチが完全にはいっている。酒はすすみ、とどまるところをしらないようだ。マニュアル男からのアプローチを、情け容赦もなくスルーしてきた女性たちが前のめりになって、「恋愛ごっこ」に酔いしれている。

互いに「彼氏彼女がいるのか」、「結婚しているのか、していないのか」など、そんな話題に触れるような「野暮な時間」は、ここには1秒もない。そして、仕事の話もタブー。ファンタジー、日常を忘れる場所なのだ。さらに1時間後、1組2組と夜の闇に消えてゆく――。その相手が「色気男」たちだ。言っておくが、ここは「ハプニングバー」ではない。


後日、その女性たちに会った際、こんな質問をしてみた。
「なんで彼がよかったの?」――すると、こんな答えが返ってきた。

「雰囲気がよかったから」――なんとも抽象的な答えに、私はとまどった。しかし、彼女にとってはそれがとても重要なのだという。
「彼には安心できる開放感があったから。そのへんの40代じゃないわ」――そんな名言を、30代前半の女性が残してくれた。
「思い切りハシャがせてくれるから」――そんな意見もあった。


満たされない女性のデザイアを満たす色気男たち

ここであることが明確になった。「男の色気」とは、つまり雰囲気のことなのである。見た目でもなく、話術でもなく、金でもなく、「雰囲気」というただの「空気」に女性はやられているのである。

毎週のように大人の社交場で出会った30代後半の色気男とクラブへ踊りに行き、深夜デートを重ねる、20代のメイクアップアーチストの女性がいるので、彼女にも聞いてみた。
「あの人、奥さんもいるし、けっこうオジさんなのにどうして付き合ってるの? 彼氏いるよね?」

そう聞くと、彼女もこう答えた。
「色気があって心地がいいから」

私はもっと踏み込みたかったし、他の言葉にも期待したかった。しかし、彼女達は、「そうとしか表現のしようがない」のだという。

「雰囲気、居心地、ハシャがせてくれる」――この言葉に隠れているのが、日常で満たされない女性のデザイアだ。女性の隠れた欲望を動かすもの。それこそが「男の色気」なのである。女性の暮らしにファンタジーを提供するサプライヤー。それが「色気男」なのだ。

女性は、建前の生活では満たされない欲求や願望、また、それに対する不満を彼らによって帳消しにしている。色気という「サプリメント」を求めているのだ。極上のティラミスよりも、彼女たちは男の色気を好む。そんな、女性に時を忘れさせる媚薬を提供するのが「色気男」なのである。(次ページへ続く)