満たされない女性のデザイアを満たす、色気男の特徴

女性が惹かれる「色気男」の特徴とは

女性たちをひきつける色気男とは

世の中には2種類の男がいる。
「色気のある男」と「色気のない男」である。

色気のある男は、常に女性からの注目、興味、あるいは接触意欲へを集め続ける。女性からの男性への需要格差、つまり「色気格差」が、この世には確実に存在している。女性を惹きつける能力の差。女性の興味は「色気のある男」だけに一極集中している。

彼女がいようがいまいが、結婚していようがいまいが、そんなことは関係ない。
そこには完全なる「階層=ヒエラルキー」が存在し、金を大量に使うわけでもない。むちゃくちゃイケメンというわけでもない。肩書きがモノをいうわけでもない。

それなのに「遊ばれてもいいから腕を絡ませたい」「ハグのついでにフレンチキスをしたい」……そんな男を「色気男」と定義したい。
今回はリアルに、大都市にはびこる30代~50代の「色気男」を大解剖したい。
   

「メスを引き寄せるオスの魅力」を持つ男たち

ガイドの潮凪は、大人の社交場と呼ばれる都内のバーによく足を運ぶ。主催するパーティ「大人の海辺の社交場 芝浦ハーバーラウンジ」に関する情報収集が主だ。

本日の場所は六本木某所、賑やかなスタンディングバー。ちょっとプライドが高そうで、雑誌から飛び出してきたような外見の20代のアパレルショップ店員の女性が、「色気男(45歳)」にしなだれかかりヒザに座っている。

「今日は飲むわよ!」そんな言葉すら漏らす彼女たち。今宵を楽しみきるスイッチが完全にはいっている。酒はすすみ、とどまるところをしらないようだ。マニュアル男からのアプローチを、情け容赦もなくスルーしてきた女性たちが前のめりになって、「恋愛ごっこ」に酔いしれている。

互いに「彼氏彼女がいるのか」、「結婚しているのか、していないのか」など、そんな話題に触れるような「野暮な時間」は、ここには1秒もない。そして、仕事の話もタブー。ファンタジー、日常を忘れる場所なのだ。さらに1時間後、1組2組と夜の闇に消えてゆく――。その相手が「色気男」たちだ。言っておくが、ここは「ハプニングバー」ではない。


後日、その女性たちに会った際、こんな質問をしてみた。
「なんで彼がよかったの?」――すると、こんな答えが返ってきた。

「雰囲気がよかったから」――なんとも抽象的な答えに、私はとまどった。しかし、彼女にとってはそれがとても重要なのだという。
「彼には安心できる開放感があったから。そのへんの40代じゃないわ」――そんな名言を、30代前半の女性が残してくれた。
「思い切りハシャがせてくれるから」――そんな意見もあった。
 

満たされない女性のデザイアを満たす色気男たち

ここであることが明確になった。「男の色気」とは、つまり雰囲気のことなのである。見た目でもなく、話術でもなく、金でもなく、「雰囲気」というただの「空気」に女性はやられているのである。

毎週のように大人の社交場で出会った30代後半の色気男とクラブへ踊りに行き、深夜デートを重ねる、20代のメイクアップアーチストの女性がいるので、彼女にも聞いてみた。
「あの人、奥さんもいるし、けっこうオジさんなのにどうして付き合ってるの? 彼氏いるよね?」

そう聞くと、彼女もこう答えた。
「色気があって心地がいいから」

私はもっと踏み込みたかったし、他の言葉にも期待したかった。しかし、彼女達は、「そうとしか表現のしようがない」のだという。

「雰囲気、居心地、ハシャがせてくれる」――この言葉に隠れているのが、日常で満たされない女性のデザイアだ。女性の隠れた欲望を動かすもの。それこそが「男の色気」なのである。女性の暮らしにファンタジーを提供するサプライヤー。それが「色気男」なのだ。

女性は、建前の生活では満たされない欲求や願望、また、それに対する不満を彼らによって帳消しにしている。色気という「サプリメント」を求めているのだ。極上のティラミスよりも、彼女たちは男の色気を好む。そんな、女性に時を忘れさせる媚薬を提供するのが「色気男」なのである。
 

色気男は「笑顔で毒を吐く」

ここから「色気男」の特徴について紹介していきたい。

まず、色気のある男は、「毒」を吐く達人である。その毒は実に痛快で、しかも瞬間、そこに爽やかな笑いすら創造する。

たとえば、「今の話、つまらなすぎてどうしようかと思ったよ(笑)」という毒。それを本人の前で毒づく。相手が男であれ、女であれ、容赦はしない。この一言で、つくり笑いをしなければいけない空気から、みんなが開放される。

「バカすぎて頭痛くなってきた(笑)」――女性にも平気でこのような言葉をプレゼントする。
「脳みそ溶けてんじゃないの? バカだねえ」――愛嬌のある笑顔で、これを言われたら女性はひとたまりもない!

相手を不快にさせる毒ではない。心地よい刺激を伴う、「愛情と親しみ」を感じられる毒なのである。その毒には「笑顔」がトッピングされていて、言われた方も聞いた周囲も悪い後味を感じない。この毒に女性がやられてしまうのだ。
 

色気男の「シワの数」が女が魅了する

色気のある男は、とにかく良く笑う。しかも、まるで小学生のように天真爛漫な笑い方だ。普通なら知性が低いと思われそうな自分の笑い方に対して、こだわりと自信を持っている。だから堂々と人前でよく笑うのだ。

一方で、「エセ色気男」は笑わない。カッコつけて、人の優位に立とうと知性を振りまこうとするので、笑顔が引きつっていていたたまれない。誰かの話を受け入れる余裕も楽しむ余裕も、実はない。もっと言うなら、笑われることを断固として嫌がるのだ。着飾っていても、これは「色気のある男」とは違う。

「屈託なく子供のように笑い転げる。そして涙まで流す。その素直なところが、見ていて色っぽい。もっと笑わせてあげたくなる。(30代女性)」

女性もこのように捉えている。ミステリアスでニヒル、渋くて重厚感がある。それは色っぽさのスペックかもしれない。しかし、それだけだと、いずれ飽きがくる。その渋い男が、節操なく笑い転げる。このギャップにこそ、女心を揺さぶる「色気」が醸し出されるのである。
 

色気男は「バカ」をさらけ出し、頬を打たせる

バカになれる瞬間を持たない男が、「男の色気」を漂わせることはまずない。
振り切る。居直る。
そんな瞬間を持つことこそが、「男の色気」を増強するためには不可欠だ。

たとえば、私の周囲の40代バツイチ男。離婚から数年で真剣交際は5人、真剣ではない交際も20人近くと楽しみ尽くしたが2回目の結婚をしようともしない。

そもそも、自分の離婚についてちっとも反省していない。自分の女癖の悪さを新しく出会った女性たちの前で話す。「俺は馬鹿だから」「どうしようもないから」と完全に居直り、それをネタにすらしている。これを見た20代、30代の未婚の女性が、これまたこの男にハマるのだ。俗世離れした異次元恋愛に、怖いもの見たさで、首を突っ込んでしまうのである。元奥さんからしたら人生を台無しにした悪人、殺したいと思われているであろうが……。
 

色気男は「かわいい、ろくでなし」

真の「色気男」は、女性からの罵声を浴びて輝く。
いわゆる紳士は、ミステリアスで、包容力があって、ホスピタリティがある。ただ、「それだけ」では色気は醸し出せないのだ。

「バカじゃない?」「どうかしてるでしょ?」「考えられない!」――色気男たちのそばで、私はこんな女性の言葉を今まで何度も聞かされた。しかし、なぜか彼女たちは、みんな本気では怒っていないのである。みんな半笑いだ。

「最悪!」「1回死んだほうがいい!」――言葉こそ激しいが、本気で言っている女性なんて一人もいない。「憎めない、呆れ感情」を女性に抱かせる。それこそが「色気男」の真の姿だ。

愛と憎しみが混在する感情を抱かされた女性は、その対象となる男にとてつもない「色気」を感じてしまう。心が条件反射的に禁断症状を起こすのだ。喜怒哀楽の混ざった、グジャグジャの感覚に酔ったようになってしまう。

こんな悩ましい「色気男」には、どうしたらこうなれるのだろうか? 実は意外に難しくない。少々ダメな男を目指すのが、手っ取り早い。小学校のときに学級会で女子から突っつかれていた、クラスに1人や2人いた悪ガキを思い出してみて欲しい。正座をさせられて怒られたりすると「適度に」落ち込み、「こんなはずじゃなかったよな…」なんて首をかしげ、みんなに笑われる少年だ。あえてそんな男を目指すと、意外な「色気」が増してゆく。
 

色気男は「ツッコまれ名人」

色気男はなぜか「女性からの質問攻め」にされる能力に長けている。
ここで言う質問攻めとは、「会社ではどんな仕事をしてるんですか?」「車は何に乗っているの?」といった、つまらんものではないということ。彼らは会ったばかりの、かなり年下の女性からのこんな質問攻撃を受ける。ツッコミという表現のほうが適切かもしれない。

「え? 何それ? おかしいでしょ?」
「それさ、私違うと思うよ(笑)、なんで?」
「バカじゃん?(笑) 何それ?」
「さっき●●っていってたじゃない? 嘘つき!」
これは、色気男の内面が常識と少しズレている、ということに対してのツッコミと質問の嵐である。女性は言いたい放題、長年付き合った彼氏とのやりとりのようだ。女性にとっては、このイジリ甲斐が「楽しい」のである。

ここで女性達の物腰に、1つの特徴が見受けられる。それは女性が質問攻めや突っ込みを、笑顔で本気で楽しんでいるという点だ。
「すごいですね」「物知りですね」「成功者なんですね~」などという、上辺だけのつまらない言葉のキャッチボールとは一線を画した、本音の声を引き出している。
 

色気男は「最強色気軍団」を持っている

色気のある男は、色気のある男同士でつるむ。プライベートの仲間には同じ「ハイレベルな色気」を持つ群れを選ぶ。互いにフェロモンをぶつけあい、刺激しあい、磨き合うのである。

当然、色気のない男を自分たちの会合には呼ばない。たとえ普段、仕事上で仲よくしていたとしても大事な出会いの場所には誘わず、「レギュラーメンバー」には選ばないのである。理由は明白だ。自分たちも常に自分の魅力を向上し続けたい。そう思うからである。
 

色気男は「裏切り」に気づかないフリをする

色気のある男は、女性との揉め事が少ない。それは、彼らはある事実に気付いているからなのだ。男女間のトラブルは片方が受け流せば「半分収まる」、ということ。

たとえ、相手の女性が裏切っても感情的になっても理不尽に当たってきても、それを軽く受け流す。あっけないほどに、だ。「こじらせるぞ」と思ったら相手を執拗に責めたりしない。このあたりが色気男のうまいところだ。

また、彼らは裏切られることに対しても鈍感なのである。とくに、女性の裏切りに関しては極めて寛大なのである。「裏切るかもしれないね。そのときは仕方ない、人間だもの」――そのように割り切っているのである。
その代わり、色気男は自分が「自分本位」になることにも躊躇しない。ほかの女性への心移りだって、堂々とする。そんな雰囲気をわかりやすく醸し出しているから、恨まれ憎いのだ。「すべてが変わりゆくのもお互い様」――これが色気男が生きる心情である。
 

色気男は「女の欲望」を引き出す

「女性は欲望を持つ生き物であると認識する」――そうするだけで、あなたの色気は倍増する。どんなにキレイに着飾っても、女性もまたあなたと同じ欲望を持つ、生き物なのだ。好きな人に愛されたいし、ときには本命以外のの交際相手にトキメいたりもする。秘密の恋をする女性だって枚挙に暇がないし、物欲も食欲もある生身の人間である。欲望のない女性などいないのだ。

こう思うことができると、女性に接する時の行動パターンが変わりはじめる。まずは女性の「欲望の形」を知る。そして、「女性の欲望と自分の欲望の接点を探す」。

「彼氏はいるけれど、物足りないから、交際しなくてもデートっぽい雰囲気で会える男友達が欲しい」――そんな彼女の欲望に気づき、自分はそれを叶えられる男だということをサラリと伝える。
または、
「今日は浴びるほどお酒を飲んで、歌って叫んで踊りたい!」――そういう欲望を持っていることをしっかり聞き出し、自分も一緒に楽しんであげる。
大切なのは、欲望が一致するポイントで急接近することなのだ。
 

色気男は女性の真横に躊躇なく座り、膝に座らせる

女性からモテモテの色気男の多くは、とにかく女性の真横に躊躇なく座る習慣を持っている。ホームパーティでも、合コンでも、あるいは街の出会いスポットでもいい。スッと女性の真横に腰掛け、さりげなく会話を楽しむ名人である。

ベタッとしたイヤらしさや、コバンザメのようなベットリ感もなく、爽やかで開放的な空気をまとっていて、自信満々に女性の横へと陣取る。この大胆さとさりげなさを身につけよう。

もちろん身だしなみは、万全にする必要がある。いくら堂々と女性の横に座っても、「気持ち悪い」と思われては意味がない。それどころが、迷惑行為となってしまう。真横に座ることで、女性の警戒心を解くことができる。真正面で向き合うとあまりにも互いの情報が鮮明に伝わってしまう。それが故に、「自分のアラが見えてしまうのでは?」と女性も緊張する。

しかし、真横に座れば、相手の視覚に飛び込む情報は最小限で済む。それでいながら肉体的な距離も近く、さらに、ボディスキンシップも非常にとりやすい。男と女として、ほのかにセクシーな空気感を交換しながら会話を楽しめる。色気男になるための登竜門である。
 

色気男は仕事の被害者にならない

色気のある男は、いつも余暇の楽しい時間の余韻を背中に背負っている。
最近の楽しいこと、嬉しいこと、ドキドキしたことをすぐに話せる、そんな余裕を持っているのが特徴だ。仕事に忙殺され、カラカラに乾ききった状態ではないのである。

別の言い方をすれば、たとえどんなに大変な仕事をしていたとしても、決して「仕事の被害者」にはならない。自分の心のキャパシティのなかに、必ず30%以上の遊びの余韻を、容量として持っているのだ。

彼らは仕事に没頭しすぎたり、マンネリの生活をしたり、規則正しすぎる生活をすることにより、自分の色気が消えてしまうことを知っている。だから、仕事をほどよいところで人に任せて管理する方に回り、自分は色香のある場所に行って、フェロモンを強化するといったことを欠かさない。
男の色気がビジネスセンスや人望というビジネスをより円滑に廻すための「人間的資産」であると判断しているからだ。
 

色気男は複数の女性のことを「少しずつ好き」になる

微量の恋愛感情を複数の女性に対して持つことで、あなたは確実に「色気のある男」になることができる。色気のある男になりたければ、複数の女性のことを「少しずつ好きになる状態」をつくるのがいい。

なぜ、こんなヨコシマなアクションが「色気男」への近道なのか? その理由はシンプルである。たくさんの女性に対して恋愛感情を持ち、性的な興味を持つことにより、頭の中が恋愛状態、つまり発情期の状態に変わるからである。

寝ても覚めても、仕事をしていても頭の片隅に、あんな女性やこんな女性との恋愛的シーンが鮮明に浮かび上がる。いわば、興奮状態のまま毎日をおくることになる。その状態をつくるために、複数の女性を少しずつ好きになるのである。
 

色気男は女を「縛らない、囲わない」

色気男は女性を酔わせる達人である。
自分の存在感や、言葉、所作といった「魅せ方」で女性を酔わせているが、ある「対人スタンス」においても女性を酔わせているのだ。 

そのわかりやすい象徴が、「女性を縛らない」というスタンスだ。気に入った女性、あるいは関係を持った女性、そして交際相手であってもほとんど縛ろうとしない。「モテよう」「女性をコントロールしよう」――そう思って行動している時間が彼らの場合は圧倒的に少ないのだ。

気に入った女性ができたとしよう。自分から食事に誘ったり、あるいはグループでの再会も試す。しかし、そこで相手の反応がよろしくなければ、それ以上を追うことはまずない。つまり、反応が薄い女性には執着せずに自分に興味や行為、好感を感じてくれた異性とだけ仲よくするのである。

さらに、関係が深まって恋愛関係に発展しそうになっても、自分のもとに囲い込もうとする「決定的発言」をしない。とくに、「嫉妬を見せない」ということも重要なポイントなのである。


さあ、どうだろう? 今回は、ガイドが実際に現場で見た「色気男の実体」と「男の色気のつくり方」をかいつまんでみた。すべてをここで語り切ることは難しいので、ほんの片鱗だけを紹介した。
「本物の色気男と遭遇し、息遣いを感じてみたい」――そう思ったあなたは、色気男の生息地に足を運ぶしかない。機会があれば、あなたをその現場に案内してさしあげたい。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。