いい男はどこにいる?

画像の代替テキスト
30女だからこそ分かる、「いい男」の正体とは?
「いい男っていないよね」

30代の女3人が、深夜2時過ぎの恵比寿のカフェにて、高校時代から100万回は交わしたようなセリフをつぶやいていた。20代後半以降の女が集まって2時間も話せば、必ず1度は出てくる話題。だけど、30代も半ばになるとふと気付く。

「いい男がいない」というよりは、そもそも自分たちは「いい男ってどんな男なのか?」がわかっていないということに。なかなか本命の恋人ができない30女や、自分の恋愛にいまいち確信が持てない30女は思う。「私って、男を見る目がないのかな?」「みんなに理想が高いって言われるけど何でだろう」と。

かくして、近頃の私たちの話題は、「いい男がいない」→「そもそもいい男ってどんな男?」にチェンジしつつある。仕事ができても人としてつまらない男はいっぱいいるし、ブサイクでも妙に色気のある男もいる。

男の優しさには要注意

画像の代替テキスト
いい男はいろいろいるけど、基本条件はあると思う。
もちろん、普遍的ないい男の基本条件はある。強さ、優しさ、エネルギー、我慢強さなど、器の大きさあたりは普通に備えていて欲しい。

でもさ、その基本がなってない男子が多すぎる気がする! ひとことで“優しさ”といっても、うわっつらKINDNESSな男も多いし、自分のことを「オレって優しすぎるのかな」とかいう男は、たいてい、客観性がなくて自分本位だったりする。

器の大きさっていうのも、男力を測る上ではめちゃくちゃ大事だけど、それは経験値や年齢では測れないものだし、元気で美しくて輝いている30over女を転がせるほどの器のある男には、なかなか出会えないのも確か。

完璧ないい男はいない。結局は、いろんなことは相性で許せたりもするしね、結局は自分にとってのいい男を探すしかなんだろう。でも、自分にとっていい男ってどんな男? それは次のページでお伝えします。