どうしてすぐに別れてしまうの?

関係が長続きしないのは、なぜ?

関係が長続きしないのは、なぜ?

せっかく恋人ができても1年以内に別れてしまうカップルは、少なくありません。どうして関係が長続きしないのでしょうか? 原因が自分にある場合もあれば、相手にある場合もあります。ただし、相手に原因がある場合でも、自分に「人を見る目がないこと」が問題であるとも言えます。
 
長く付き合えない人の傾向としては、どんなものがあるのでしょうか? 今回、ご紹介する「4つの長く付き合えない人の傾向」に、自分が当てはまったり、また自分が好きになるタイプの人が当てはまったりすることはないか、チェックしてみましょう。
 

長く付き合えない人1:付き合う前と後のギャップが大きい人

これは男性にありがちなことではありますが、付き合う前は女性に猛烈にアプローチをしていたにも関わらず、いざ付き合うことになったら、段々恋人をおざなりにしてしまう人は少なくありません。
 
もちろん口説き落とすまでには、普通以上に無理をする必要はあるかもしれませんが、それでも、付き合ってからも恋人を大切にできないような人は、遅かれ早かれ、嫌気が差した恋人からフラれる結果となるでしょう。そんな人は、恋愛を長続きさせることはできません。
 
それ以外にも、例えば、「裏表のある性格で、“表向きの顔”はいい人だけど、“親密になった人に見せる顔”は、悪い人の場合」や「外では着飾っていても、住んでいる家はゴミ屋敷の人」、仕事がきっかけで知り合った場合は「ビジネスとプライベートではキャラが違う人」など、付き合う前に見せていた姿とのギャップがあまりに大きすぎると、フラれてしまう可能性はあります。

なぜなら、普段、あなたが見せている姿を見て、「素敵。付き合いたい」と思った相手が、そんな真逆の姿を見てしまうと、「こんなはずじゃなかった!(ダマされた!)」とがっかりするからです。
 
それで言うと、合コンや婚活パーティーでは、普段の自分とキャラを変えて、モテ女性、モテ男子風に装った状態で参加してしまう人も少なくありません。それだと、その偽りの姿を「素敵だ」と思う人と縁ができやすくなってしまいます。演じた自分を好かれても、関係は長続きしないものなので、あまり演じ過ぎない方がいいでしょう。
 
もちろん、なにも着飾らない状態で、そういう場所に参加していいわけではありません。でも、いい人、素敵な人を表面的に演じるよりは、もし、そういう人になりたいのであれば、本当にそういう人になれるようにがんばることの方が大切です。そうでなければ、いずれボロが出るので、意味がありません。
 
さらに、単にモテればいいわけではなく、ある程度、自分のキャラクターを理解してくれた上で「付き合いたい」と思ってくれる人を探した方が、幸せな恋愛ができるはずです。だから、出会う場所も、自分のキャラにあった場所にした方がいいこともあります。

結局のところ、自分自身を魅力的に成長させることはもちろんのこと、あなたらしさをOKと思ってくれるような人を見つけた方が、関係は長続きするのです。
 

付き合う前に、相手を見抜くには?

逆に、恋人に付き合う前と後で残念なギャップがあった場合は、どうしたらいいのでしょうか。正直言うと、付き合う前に見抜くのは、意外と難しいことかもしれません。だから、少なくとも、付き合う前のデートのときは、「相手は普段よりも、ちょっと無理して頑張っているんだ(=素の相手ではないんだ)」とは思っていた方がいいでしょう。
 
もし、付き合ってからおざなりにするような相手であれば、きちんと話し合って、お互いが心地よく過ごせる関係を作っていく必要はあります。でも、それは、程度の差こそあれ、どのカップルにおいてもあることでもあり、関係を築いていくには大切な作業だと言えます。ギャップがあるか以上に、そのすり合わせの作業をお互いにできるかどうかの方が、大事なことなのです。
 
また恋人に対しての愛情が深ければ深いほど、そのギャップのある姿に対して、「自分だけに見せてくれる姿なんだ」と嬉しくなり、より愛おしく感じることもあります。そう思えるほどにまで、きちんと相手を好きになることも、大切なことですよ。
 
次に紹介するタイプも、ありがちな“長く付き合えない人”です。次のページをご覧ください。