クールビズの実施期間や服装マナーを押さえておこう

2017年で13年目となるクールビズ(参照:環境省)。いまや認知度は約94.9%(2013年、環境省調べ)と、夏のイベントとしてすっかり知れ渡りましたが、意外と知らないことも多いのでは。そもそもの由来や意味、いつからいつまで実施されるのかと、オフィスマナーに即し、快適に過ごす服装のコツなどを押さえておきましょう。

クールビズとは

クールビズ(COOL BIZ)とは、地球温暖化対策のため、2003年から環境省が提唱し始めたもの。「冷房時の室温が28℃でも快適に過ごせるライフスタイルを指します。

エアコンの設定は28℃に

エアコンの設定は28℃に


クールビズというと「ジャケットを着用しない」「ノーネクタイの軽装で働く」というイメージがあるかもしれません。実はオフィスにおける服装だけでなく、早朝出勤など勤務時間の調整、空調など、節電のための様々な工夫が含まれます。

クールビズの由来・語源

COOL BIZという綴りからもわかるように、クールビズは造語。平成17年2月、京都議定書が発効されたのをきっかけに、環境省の一般公募で選ばれました。涼しい・かっこいいの意味のcoolと、ビジネスの略語であるbizを組み合わせた和製英語です。

ちなみに、似たような言葉で「省エネルック」があります。これは1979年、第2次オイルショックに大平正芳内閣(当時)が提唱した夏の軽装のこと。「半袖スーツ」など、お世辞にもおしゃれとはいえない服装で、普及しないまま失敗に終わってしまいました。

クールビズの期間は5月1日から

2017年度のクールビズ実施期間は、環境省の発表によると5月1日から9月30日までです。ちなみに、クールビズの実施期間は当初6月1日から9月30日でした。それが2011年の東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所の事故を経て、前後1カ月ずつ拡大。2015年までは5月1日から10月31日でした。6カ月間、半年間ともなると長く感じますね。

スーパークールビズの期間は6月1日から

また、6月1日からは、スーパークールビズ(参照:環境省)と称して、さらなる軽装や勤務時間のシフトを推奨。早朝勤務やフレックス勤務を導入する企業も、少しずつですが増えているようです。

クールビズの服装は半袖シャツが基本

スーツ着用の職場に勤める方にとっては、クールビズというと服装が最も気になるポイントでしょう。オフィスマナーを守り、かつ涼しく快適に過ごすには、環境省が出している服装のガイドラインが参考になります。

オフィスでは扇風機を併用すると、エアコンの設定温度が高くても涼しく感じる

オフィスでは扇風機を併用すると、エアコンの設定温度が高くても涼しく感じる


「ノーネクタイ・ノージャケットで半袖シャツ」がクールビズの基本的なスタイル。6月1日からのスーパークールビズ期間はポロシャツもOKとされています。

環境庁によるクールビズ・スーパークールビズの服装におけるガイドライン(表は環境庁HPより)

環境省によるクールビズ・スーパークールビズの服装におけるガイドライン(表は環境省HPより)


クールビズの服装に迷ったら、 以下の記事もぜひ参考にしてください。

■男性向け

■女性向け

毎年夏の恒例行事となったクールビズ。仕事の能率を下げず、快適に過ごすために、さまざまな知恵を取り入れておきたいですね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。