初めての富山旅行で失敗しない15のスポット

北陸新幹線が開業して2年近く。「ずっと行けていなかったけど、富山にそろそろ行こうかな~」と思っている人も少なくないと思います。

そこで今回は東京からのアクセスが便利になった富山県内で、ここは絶対に行っておきたいという鉄板の観光地を15個、選びました。初めての富山旅行の参考にしてみてくださいね。

その1:五箇山の相倉・菅沼集落

解説画像

世界遺産の五箇山


最初のおすすめ観光地は、富山県の南砺市にある五箇山の相倉・菅沼集落。岐阜県の白川郷と合わせて1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された村です。ミシュラン・グリーン・ジャポンでも3つ星に選ばれました。

詳しくは「北陸新幹線で!世界遺産&ミシュラン三つ星の五箇山へ」をチェックしてください。雪深い山奥の厳しくも豊かな暮らしを間近で見られますよ。

■五箇山観光総合案内所
公式ホームページ


その2:伝統工芸体験

解説画像

富山ではガラス作り体験もできる


次は伝統工芸体験。県内では富山市のガラス工芸、高岡市の銅器、南砺市の井波彫刻などさまざまな伝統工芸が次世代へと受け継がれ、発展を続けています。

富山市のガラスであれば『富山ガラス工房』、高岡市の銅器は『鋳物工房 利三郎』や『能作』、南砺市井波の木彫刻は『いなみ木彫りの里創遊館』などで体験可能。旅のプログラムにぜひとも入れてみてください。

■富山ガラス工房

公式ホームページ

■鋳物工房 利三郎

公式ホームページ

■能作
公式ホームページ

■いなみ木彫りの里創遊館

公式ホームページ

その3:氷見(ひみ)・新湊(しんみなと)漁港の魚介類と富山湾鮨

解説画像

観光漁港なら富山湾の幸を気軽に楽しめる


富山に来たら氷見(ひみ)漁港と新湊(しんみなと)漁港のグルメは外せません。氷見は富山湾の王者と呼ばれる寒ブリ、新湊はベニズワイガニや富山湾の宝石と呼ばれるシロエビの水揚げで有名です。

また、県内にある多くの加盟すし店では、富山湾鮨と言う名前で定額ですしを楽しめるコースがあります。初めてのお店でも安心して入れます。

詳細は「富山湾の海の幸を満喫!気軽に観光できる漁港3選」「富山湾の寿司を全店定額で食べる裏ワザ」をご覧ください。

■ひみ番屋街
公式ホームページ

■新湊きっときと市場

公式ホームページ