これを買えば間違いない! 富山の鉄板お土産は?

北陸新幹線が2015年に北陸まで延伸してから、金沢を中心に北陸は多くの観光客が訪れる人気の観光地になりました。せっかく北陸の富山に来たのであれば、喜ばれるお土産を買って帰りたいですよね。そこで今回は富山観光の際に買って帰りたい鉄板のお土産を6つ厳選しました。


定番お土産その1:ますずし

解説画像

駅弁にもなっている人気のますずし

富山を代表する定番のお土産の1つは、ますずしになります。駅弁として古くから鉄道ファンに有名ですが、富山県産の酢飯の上に肉厚のマスの切り身を乗せたシンプルな味わいが一般の観光客にも人気です。

富山藩3代藩主の前田利興(としおき)が、将軍家の献上品としてアユの早ずしを作らせたところから始まるますずし。富山では市民に大変親しまれており、どのお店の味が好きか議論を戦わせるますずし通、あるいは「ますずしは富山のソウルフードだ」と豪語する地元の方も居るくらいです。

詳細は「一度は食べたい富山ご当地グルメ3選 北陸新幹線でGo!」をチェックしてみてください。

北陸新幹線が停車する県内の主要駅や、富山きときと空港、富山駅近くに点在する富山ます寿し協同組合加盟の13の老舗店など、いろいろな場所で買えます。富山に来るたびに各店の味を食べ比べても面白いですよね。

日持ちは製造日から2、3日ですが、常温での保存を前提としていますので、未開封であれば手荷物に入れて普通に持ち帰れます。旅の最終日、出発前に駅や空港で購入するといいかもしれませんね。

・ますずし
値段:1200円前後
消費期限:製造日より2、3日
保存方法:常温
購入可能場所:富山駅、富山きときと空港、有磯海サービスエリア、直営店など
富山ます寿し協同組合ホームページ

次のページでは、見た目にも美しい細工かまぼこを紹介します。