抜群のコストパフォーマンス!「オワゾブルー」

四谷三丁目と信濃町の間に、ひっそりと隠れるように灯りをともすフレンチレストランができた。その名も「オワゾブルー」。四ツ谷から四谷三丁目にかけては小さな、そして個性的な飲食店が多いエリアだがここは信濃町側の静かなエリアだ。まさか、こんなところに?という路地でフランス国旗がはためいている。
オワゾブルー

ビストロとあるがその域を超えていると感じる


特筆すべきは、コストパフォーマンスが非常にいいことだ。魚料理と肉料理が入ったお任せコースが6200円、ワインもシャンパーニュが8000円代から並ぶ。値段は仕入れの倍程度という良心的な価格であることはリストを見ればある程度はわかるはず。いわゆる”ワイン愛好家達”が知られたくない店としてネットへの書き込みなどを敢えてしていないのでは、と勘繰りたくもなるほど。
オワゾブルー

シンプルなインテリアは思ったより広さを感じさせる


一皿にぎゅっと詰められた前菜の盛り合わせが運ばれるが、盛り付けのお洒落感というよりは内容とボリューム勝負か。あれこれと食するのが好きな私達は見透かされているようだ。同席者はお腹の空き具合を考え、サラダヴェールに変更してもらう。
オワゾブルー

エスカベッシュやレバームース、ポークリエット、エゾ鹿のタタキなど十分な前菜盛り合わせ

アミューズのポークリエットや添えられるパンも味わいが深い。食べ過ぎには注意が必要だ。

長崎直送の素材をボリュームたっぷりに

料理の特徴は魚料理に現れている。今回は長崎から届いたキジハタのポワレとイシモチのポワレ。いずれもチーズリゾットが添えられる。ゆっくりと火入れされた魚たちはほんわりと膨らみ、ソースと絡んでワインを求め、昂揚とした美食の世界へ誘う。
オワゾブルー

脂ののった魚が味覚の中でふわりと膨らむ


素材の多くは九州から運ばれ、今日の肉は同じく長崎牛のランプのロースト。柔らかい赤身肉が心地よく身体に染み渡る。この日は奥出雲葡萄園の幻の赤ワイン、小公子が用意され、熟成した山葡萄の味わいと共に至福の酔い心地となる。
奥出雲ワイン

日本を代表するワイナリー、奥出雲葡萄園のワインが隠されていた

グラスワインも数種類用意され、その日の素材や料理に合わせてソムリエに一任したい。

カップル、友人同士に交じりお一人でワインと料理を楽しむご婦人も視界に入る。すべての人に居心地の良さを提供する静かなレストランが路地裏で輝いている。
肉

最後に食欲が再び湧きたつ至福のメインディッシュ

ディナーだけでなく、2000円以内で楽しめるランチも魅力的だ。

静かにワインと美食を楽しみたいときの一軒として記憶に刻んでおきたい。
デザート

栗のブラマンジェが心地よいデザートにも大満足!

オワゾブルー
東京都新宿区信濃町11-12 習成館ビル1F
東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅から徒歩5分程度
JR総武線信濃町駅から徒歩6分程度
TEL 03-6273-0484

ランチ  11:30~14:00(L.O)
ディナー18:00~21:00(L.O)
月休ほか月一不定休あり
お任せコースは要予約

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。