生きがいを失ったとき、無理に明るくして過ごしていませんか?

心のよりどころ・生きがいを失った悲しみを乗り越える方法

「心のよりどころ」や生きがいを失った悲しみを無理に忘れようとしていませんか?

人は、誰しも「心のよりどころ」や生きがいを大切にして生きているものです。たとえば、仕事や夢、愛するパートナーや家族、ペット、愛着のある住まいやコミュニティ、そして自分自身の若さや健康など――。

長い人生では、「心のよりどころ」や生きがいとなる対象を失う日は、いずれ誰にでも訪れるものです。これを精神分析学では「対象喪失」と呼びます。対象喪失は、事故や災害、ライフイベントの変化を機に不意に直面することもありますし、じわじわと対象との距離が開き、気がついたら失っていることに気づくこともあります。

「対象喪失」は、心にとても深い悲しみをもたらします。悲しみを振り払おうとして、無理に明るく振る舞う人もいますが、そうすると一人になったときなどに、ふと元の悲しみに襲われてしまうものです。

では私たちは、どのように「対象喪失」の悲しみを乗り越えたらいいのでしょう?
 

心のリハビリ「喪の作業」には4つの段階がある

「対象喪失」を乗り越える方法に「喪の作業」があります。「喪の作業」とは、「対象喪失」の悲しみから脱するための心のリハビリです。

精神分析学の創始者であるフロイトが理論を築き、後にさまざまな精神分析学者が理論を発展させていきました。有名なものに、J.ボウルビーが紹介した4つの段階があります。この理論について紹介しましょう。

「対象喪失」に直面した最初の段階では、喪失のショックから「情緒的危機」に陥ります。強烈な衝撃と混乱を覚え、不安や心細さから情緒が非常に不安定になるのです。

2つ目の段階では、喪失感に現実に怒りを覚えて「抗議」を試みます。失ったものを取り戻そうと躍起になるのが、この段階です。

いくら抗議しても状況は変わらないことが分かると、3つの目の段階として「絶望と抑うつ」が訪れます。「何をしても無駄だ」と感じて虚無的になり、精気を失うのがこの時期です。

この3つの段階を過ぎると、最後に4つ目の段階「離脱」が訪れます。失った対象への執着をやめて現実を受け入れ、新しい生活に向けて歩き始めるのです。
 

「対象喪失」の悲しみは、いつか必ず癒えていく

「喪の作業」の各期間には個人差が大きく、一概に何カ月、何年と言えるものではありません。大切なのは、上の4つの段階を一つひとつ、じっくり経験することなのです。こうして丁寧に「喪の作業」を経験することで、現実を受け入れ、再起することができるのです。

自分や周りの人たちが「心のよりどころ」や生きがいを失ったときには、ぜひ「喪の作業」の4つの段階を思い出してみてください。

無理に明るくし、忙しくして「対象喪失」の悲しみを忘れようとしても、悲しみが癒えることはありません。「喪の作業」の過程では、やりきれない気持ち、怒り、憂うつといった負の感情が次々に湧き出します。苦しいけれども、負の感情もしっかり味わいながら4つの段階を進んでいくことが、心のリハビリには必要なのです。

「時薬」(ときぐすり)という言葉があるように、「対象喪失」の悲しみもいつかは癒えていきます。そして、新しい生活に気持ちを向けられる日が必ずやってきます。だからこそ「喪の作業」の過程を通じて生じる心の反応を大切に扱いましょう。そして、悲しみを乗り越える日が来ることを信じて、歩んでいきましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項