古都ホイアンの見所 3. グエンタイホック通り

グエンタイホック通りの夜

グエンタイホック通りの華やかな夜。この程度のぼんぼりはほぼ毎晩出ている

チャンフー通りとバクダン通りの間の通り。民家を利用した店舗が多く、落ち着いたたたずまいを見せる。アオザイや陶磁器・刺繍画といった名産品の専門店が多く、土産探しに最適だ。

■ホア・アン・ダオ
グエンタイホック通りとバクダン通りの岐路にあるレストランで、夜になると民謡の演奏やゲーム大会などが行われる。

■記進家(タンキー・ハウス)
記進家

7代200年にわたって受け継がれている記進家

200年以上の歴史を誇る古民家。中に入るとお茶が出てきて簡単な説明を受けることができる。大きな祭壇や吹き抜けの中庭などは中国建築の影響だが、木造ながらレンガ造りの壁で覆われており、東洋と西洋の折衷様式となっている。

■ホイアン・シアター
グエンタイホック通りとバクダン通りの間にある劇場で、正式名称はホイアン・トラディショナル・アート・パフォーマンス・ハウス。夜になると民族音楽や民族舞踊、伝統的な生活を表現した劇などの上演が行われている。

 

古都ホイアンの見所 4. グエンティミンカイ通り

遠来橋

全長18m、幅3mの遠来橋。現在の橋は幾度かの焼失を経て1986年に修復されたものだ

遠来橋、内部の様子

遠来橋、内部の様子。橋脚は石だが、橋自体は木造だ

遠来橋から西に延びる通りで、かつては日本人街が広がっていたという。土産物店やアウトドアショップ、靴屋などが多く、一部の民家や道勧を見学できる。

■遠来橋
屋根のついた太鼓橋で、最初の橋は1593年に日本人によって架けられたと伝えられていることから「日本橋」の異名を持つ。サル、イヌ、ナマズが祀られているほか、中央に祭壇があり、かつては「橋寺」と呼ばれて寺としても機能していた。

 

■馮興家(フーンフン・ハウス)
馮興家の2階

予想外に広い馮興家の2階。右は土産物店

200年の歴史を持つ古民家で、世界を股にかける貿易商の家らしく、ドアや壁の彫刻はベトナム、吹き抜けの中庭や祭壇は中国、屋根や梁は日本と、各国の伝統建築の折衷様式となっている。2階には土産物屋があるほか、ベランダからの眺めがよい。

■明郷華先堂
明の時代にわたってきた華僑たちが建立したと伝えられるお堂。道教の女神・天后聖母を祀る道勧でもある。

 

古都ホイアンの見所 5. その他の見所

ホイアン名物ぼんぼり

ホイアン名物ぼんぼり。アンホイ島のナイトマーケット、ぼんぼり屋台にて

ホイアンには4つの通り以外にもたくさんの見所がある。また、ホイアンでは陶器作りで有名なタンハー村、木工彫刻で有名なキムボン村など、周辺の見所を回る数々のツアーが催行されている。

■コンヌゴックホア通り
コンヌゴックホア通りの露店街

コンヌゴックホア通りの露店街

バクダン通りの西に続く川沿いの通り。夜になると露店が軒を連ね、灯籠が流れる川面を眺めながらのんびりと食事ができる。

■アンホイ島
バクダン通りとアイホン橋で結ばれた東西1.2km、南北300mほどの島。川沿いには眺めのよいカフェやレストランが並んでおり、夜には橋の周辺がナイトマーケットになる。

 

■クアダイビーチ
クアダイビーチ

ヤシの木々と海とのコントラストが美しいクアダイビーチ

歴史地区から6kmほど東にあるビーチ。遠浅・白砂のビーチで、レストランやバーがあり、マリンスポーツを楽しむこともできる。近郊の漁村ではトエントンと呼ばれるお椀型の船を巧みに操る漁師の姿を見ることができる。

■ミーソン聖域
チャンパ王国がヒンドゥー教の聖地として祀っていた場所で、アンコールの遺跡群に似たレンガ造りの寺院跡が残されている。ホイアンから日帰りツアーが出ている。