前回に引き続いて「ライムベリーMIRI、戦極MCバトルへの挑戦」の後編です。日本トップランクのラッパーが集う戦極MCバトル参戦を決めた中で不安を取り除いた”盟友”の言葉とは、そして大会当日の心境、最後に今後のMCバトル参戦の可能性についてもうかがいました。

>「ライムベリーMIRI、戦極MCバトルへの挑戦・前編」はこちら

photo

 

「どれだけ自分の言葉で心を響かせるかなんじゃないの?」

――大会当日が迫るにつれ緊張してきました?

MIRI しましたよ~。当日よりもその前ですね。一週間くらい前かな、わたし何かあるとまおさん(せのしすたぁ)に言っちゃうんです。深夜2時くらいに「まおさん助けてください、わたし無理です」ってLINEを送って。そしたら「どうしたー?」って返ってきて、「大会前の25日に東京行くから会おう」って言ってくれて。まおさんもライブ3本くらい入ってたのかな、その日は。でも、その中で時間作ってくださって、全部相談して。

――まおさんはどんなアドバイスを? 

MIRI まおさんが「そんなマイナスなのMIRIちゃんらしくないじゃーん。つらいと思うけどそこを行くのがMIRIちゃんでしょー? MIRIちゃんはもっと自分に自信持てばいいんだよ」って、深刻じゃない感じで明るく言ってくださって、それ聞いて「あー、そうだよな」って。それですごく印象に残ったのが「自分のファンを50人喜ばせるよりも、違うファンを50人喜ばせる方が経験値がぜんぜん違うよ」って。「どれだけ自分を知らない人に向けて、自分の言葉で心を響かせるかなんじゃないの?」って言われて。それで「そうだ、言葉って大切だよな。言葉を伝えにいくんだな」って思って。それで「勝負だ、勝たないと」っていうプレッシャーから「相手に伝えよう、楽しもう」っていうのに変わりましたね。

――まおさん、いい事言いますね。そして大会当日、バトル自体は15時過ぎからのスタートでしたが、何時ごろに対戦相手がわかるもんなんですか? 

MIRI 出演者集合は12時半とかだったんですけど、沖縄時間みたいな感じで“B BOY時間”みたいなのがあって、みんな集まらないんですよ(笑)。わたしは直前までシキュウさんとスタジオに入ってて、10分前くらいについてエントリーして。結局説明が始まったのは1時15分くらいでしたね。その時も相手の発表はなかったんでご飯食べに行って、結局大会が始まる直前くらいにシキュウさんが「MIRIちゃんの相手出てたよ」って言われて、それでK-razyさんだって。

――戦極、あとUMBでも大阪代表クラスの実力者です。

MIRI だから、もうすぐダメだと思いましたよね(苦笑)。シキュウさんから借りたDVD見ると、正直1人か2人は相性とかもあるし、相手も緊張してたりで「勝てるかも?」みたいな人もいたんです。でもこれは無理っしょ、って。「もしかして」の希望すら打ち砕かれたなって。

――戦極出るにあたって目標はあったんですか?

MIRI とにかく「出る」が目標でしたね。ほんともう仮病とか使って逃げたかったくらいなんですけど、それは辞めようって。でも、K-razyさんが大阪代表でものすごい強い方だってのを知った瞬間に、「もう楽しもう、楽しめる」って思いましたね。「勝ちに行こう」じゃなくて、こんな上手い人と出来ることないんだから、これも経験として楽しんでやろうと開き直れましたね。

――じゃあ肩の力が抜けたモードで。

MIRI それが、あらためてトーナメント表を見に行ったんですね。そしたら一歩脇に下がったら、K-razyさんたちのグループがいて「初戦だれ?」「MIRIってアイドルラップの子じゃん」って話してて、その言い方に「楽勝じゃね?」みたいなのを感じたんですよ。

――その口調に深刻な感じじゃないものを。

MIRI その横にいて超気まずくなっちゃって、「これはバレたらマズい」って思って、帽子深くかぶって一歩二歩遠ざかる、みたいな。

――そこでフリースタイルで喧嘩を売るようなこともなく(笑)。

MIRI いやいやいや! それはないです! 平和に平和に、って。