今や何でもありなアイドル界の中でも、孤高にしてポップな楽曲・ビジュアルそしてパフォーマンスで異彩を放つMaison book girl。デビュー当初は「いずこねこを手がけていたサクライケンタと元BiSのコショージメグミが合体」と話題を呼んだが、ステージを重ねるたびにMaison book girl独自の色を増し、それは昨年11月のワンマン「solitude hotel 1F」(渋谷WOMB)で結実した。

photo

Maison book girl:左から井上唯、和田輪、矢川葵、コショージメグミ。2014年11月にライブデビュー。2015年9月にファーストアルバム『bath room』発売。2016年3月30日にニューシングル『summer continue』をリリース。



メンバー4人のうち、ひとり途中加入したのが和田輪。彼女のボーカル力が加わったことでMaison book girlの表現の幅を広げたのは間違いない。ニューシングル『summer continue』発売のタイミングで加入から1年となる彼女に、あらためてこれまでを振り返ってもらった。人見知りという彼女がアイドルグループに入ろうと思った理由、途中加入のコンプレックス、そしてあらためて彼女の歌に対する真摯さが浮き彫りとなったインタビューとなりました。


ずっと歌がうたいたくってMaison book girlを選んだ

――Maison book girl加入から1年になりますけど、この1年は和田さんにとって早かったですか。

「意外と早かったですね。いやっ! うーん……うん、やっぱり早かったです。過ぎてしまえば早かったですね。一年前のことを思い出すと遠い昔のようですけど」

――もともと和田さんはなぜアイドルグループに入ろうと思ったんですか?

「ずっと歌がうたいたくって、ライブハウスで日常的にライブが出来る環境がほしかったんです。それもできれば今みたいにプロデューサーがつきっきりで曲を書いてくれるような状況がいいなと思っていて」

――そこでMaison book girlを選んだのは? 既に最初の4人で始動していましたし、曲もビジュアルも方向性がわかった上での加入ですよね。

「実はそんなに知らなかったんですけど(笑)。そうだなあ……わたし自身、黒髪ロング眼鏡みたいな地味な子が好きだったんで、グループのコンセプトとしてしっくり来そうかなと」

photo

写真は2016年3月21日「韻果MATSURI Vol.11」(渋谷VUENOS)より

photo

写真は2016年3月21日「韻果MATSURI Vol.11」(渋谷VUENOS)より


――メンバーとはすぐ打ち解けました?

「うーーん……。他の3人はそこまで活動してきてたところに、わたしがぽんと入ったわけじゃないですか? わたし、人見知りなので最初ぜんぜんなじめないっていうか、仲良くなれなくって。それで加入してすぐの時に泊まりがけで映画の撮影があったんです。何日間も昼夜をあまり知らない人たちと共にするのがつらくて……」

――そこで絆が生まれた、とかではなく。

「ちょっと仲良くなりました。合宿状態で」

――最初に仲良くなったのは?

「(井上)唯ちゃんでしたね。なんでだったかな……。あの、なんか地味な子にも優しいギャルみたいな子っているじゃないですか? 唯ちゃんあれなんですよ」

――コミュ力高いギャルっていますね。井上さんそういうタイプだ。

「別にギャルじゃないんですけど。コミュ力あるんで、心を開いてくれたっていうか。あっ、そうだ! 入ったばっかりの時に、ふたりで渋谷で何時間か時間潰さないといけない時があって、それでしゃべって過ごして、それで仲良くなりました」

photo

写真は2016年3月21日「韻果MATSURI Vol.11」(渋谷VUENOS)より


――今はもう4人気も使わずに。

「そうですね。皆適度な距離感を保ちつつも、たまにみんなでピューロランド行ったりみたいな。適度な感じで過ごせるのでいいメンバー……ビジネスパートナーでありつつ仲良しみたいな」

――皆でピューロランドとか行くの意外ですね。

「楽屋でもめちゃくちゃくだらない話で盛り上がったりするんですけど、対バンする他のグループの方に怖いと思われてるとよそから聞いたことあって……。そんなことないのに」

――どんな話してるんですか。

「いや、ほんとにくだらなさすぎて。意味がわからない感じの」

――周りから怖がられるほど盛り上がるくらいには仲良くなったと(笑)。