「ハコから飛び出しがち」だった内山珠希の卒業

女優を目指す女の子たちによって生まれた清純派アイドルグループ“ハコイリムスメ”。デビュー当初から80~90年代のアイドルソングのカバーを中心に披露してきたが、徐々にオリジナル曲も増やしてきた。また歌に加えて、女優志望ならではの高い演技力による芝居を組み合わせた定期公演は他にない魅力。徐々にリリースイベントや対バン出演も増え、その度毎に多くのファンを集めてきた。

そんなハコムスの中でも大人びたルックスと、「お嬢様」というより「セレブ」と言いたい奔放なキャラが、ハコムスの中でも一際光る存在だった内山珠希が卒業を発表した。

「清純アイドル」のイメージに留まらず、「ハコから飛び出しがち」と常々言われていた彼女。そんな彼女がセンターを務めた去年の夏のシングル『夏に急かされて』は、これまでにない大人っぽさを匂わせたダンサブルな曲で、ハコムスの表現にも新しい風を吹かせた。そんな彼女が3月20日の定期公演をもって卒業する。

photo

2016年2月16日「Season in the BOX~ムスメたちが駆け抜けた季節~」メンバープロデュース公演(AKIBAカルチャーズ劇場)より。この日はメンバー全員デート風のコーディネイトでライブを行った。



それもモデルや女優といった他の道に進むのではなく、「芸能界引退」という。このルックスとキャラクターを持ちながらもったいない……あらためて卒業の理由、そしてハコムスの思い出をうかがってきた。

その言葉は最後まで「ハコから飛び出す」内山さんの期待を裏切らない内容だった!


最近もやりたい事がまた増えて。○○とか!

――卒業まで残り1ヶ月になりましたけど、卒業発表してから心境の変化はありますか?


「そうですね、やっぱり発表したあとファンの方の愛情っていうのを今までよりもさらに感じていて。さみしいとかそういう気持ちになってる方もたくさんいると思うんですけど、でもわたしはやっぱり、笑顔で卒業したいなってのが一番で、みんなに悲しい気持ちのままでいてほしくなくって。わたし自身も笑顔で送り出してほしいんです。あらためてみんなの愛情を深く感じて、やめたくないなって思う時もあるけど、でも一度決めたことは曲げないので。最後までがんばりたいと思います」

――池袋のリリースイベントで行われた卒業発表を見た人からも、すごくしっかりした発表だったと聞きましたよ。

「ほんとですか(笑)」

――公式サイトに載せられた卒業発表もきちんとしていましたし。卒業はどのくらい前から考えてたんですか? 


「どのくらい前だろう……夏? 去年の夏くらいかな。『夏に急かされて』をセンターで出させていただいて、そこでやりきった感が出てきてしまったんです。MV見ていただければわかると思いますが、自分の個性も出しきれたって。でも夏が大好きだし、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)とかめっちゃ楽しかったんで、その時は来年の夏まではやりたいな、とも思いました。2周年を迎えてから卒業しようかなって。でも新メンバーが入るということで、もちろん新メンバーの子と一緒にやりたいなって気持ちもあったんですけど、わたしの中では今までやってきたみんなに送り出してほしいなってのがあって」


――それでこのタイミングだと。それもハコムスだけでなく「芸能界から引退して、美容・ファッション関係の仕事をしたい」とはっきりした進路の決め方で。

「わたし、やりたいことがいっぱいあって、何を手に職にしていくかとかはまだいろいろと迷ってます。最近もやりたい事がまた増えて。歯科助手とかやりたいなって……」

マネージャー「え~!! うそでしょー!(苦笑)」

「ほんと、ほんとです! こどもの頃、歯医者さんごっことかよくやってたし、好きだったんですよ。それも一応美容系に入るかなって……。入らないですか?」

――まあ、そういうジャンルもありますけども。

「でも今からお医者さんは難しいかな、医学部とかはキツいなって。でも歯医者さんの助手ならやりたいな、みたいな……。本当にやりたいこといっぱいあって!」