そう! わたし欲張りなんですよ

――発表の中で将来やりたい事としてメイクとか髪型ってあるので、裏方の仕事をしたいのかな? と思ったんですけど。

「わたしは自分でファッションブランドを立ち上げたりもしたいんです。そしたら自分でモデルやったりもしたいし、その時にはまたこういう道に出てこれたらなって思ってます」

――まだこの先で分岐点があるかもしれない。

「そうなんですよ! まだどうなるかわからない」

――この先もハコムスを続けて、女優やモデルも並行してって考えはなかったですか? 

「それも最初は考えてたんですけど、ハコイリムスメって清純派アイドルのイメージも大切にしたユニットなんですが、ファンのみんなもわかってる通り、私はもう箱から出ちゃってる感じで」

――まあ、アイドル的な清純派とはちょっと違いますよね(笑)。

「そう! 私は『清純派アイドル』というイメージとは見た目とか性格も違うし、でも『そこがまたいい』って言っていただけることもあったんですけど……やっぱり高校生活って人生で一度きりじゃないですか。芸能活動とかは大人になってからでもまた出来るかもなって」

photo

2016年2月16日「Season in the BOX~ムスメたちが駆け抜けた季節~」メンバープロデュース公演(AKIBAカルチャーズ劇場)より


――表舞台に立つのはあらためて卒業してからでも出来ると。

「高校生っていうのは今しか経験できないから!」

――卒業発表でも「何にも縛られずに普通の女の子として過ごしてみたい」とありましたね。

「周りの友達で芸能活動をやってる子もいますけど、普通の友達もいっぱいいるじゃないですか。そういう子たちが放課後に思い思いの過ごし方をしているの見て、羨ましいって思うこともあって。芸能界じゃないと味わえないこともたくさん経験させていただいたので、高校生のうちに『普通の女子高生』っていうのも味わいたかったんです」

――基本的に内山さんはいろいろ経験したいというか、欲張りなんですね(笑)。

「そう! わたし欲張りなんですよね~」

――それでアイドルっていうのは一区切りと。

「モデルも女優もアイドルも経験させていただいたので、そろそろ区切りをつけてもいいんじゃないかなって」

――次の段階は普通の女子高生。

「そうなんです。でもほんとに正直怖いです、いまでも。少しずつ慣れてきた芸能の世界から離れて、これから普通の女子高生に戻って、改めてイチからスタートってのは不安もいっぱいありますけど……人生の賭けに出ました!」

――力強く普通の女子高生に戻ると(笑)。