「ゴミだめの世界」から始まった私たちの曲

--さてこの一年全国でライブを見せてきた絶叫する60度が、初の全国流通シングル発売です。

photo

『ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.』*画像は初回生産限定盤ジャケット。


--では収録曲を一曲ずつ紹介してほしいんですが、まず表題曲の『ONLY PLACE WE CAN CRY』。



魁 デビューしてからずっと歌ってきた曲です。

もんてろ 私たちをイメージして書いてくださった曲で、歌詞が自分たちとリンクしてる感じなんです。Aメロの「『希望』『絶望』『現実』」とか自分たちに当てはまる生々しいた単語が綴られてて。『絶望』も最初のうちはあったし、今みたいに広まっていいねって言ってくれる人もいて『希望』が出てきて、みたいにあてはまる。この先もずっと歌える歌だなって思ってますね。

魁 途中「ゴミだめの世界で」ってフレーズがあるんですけど、私たちデビューする前に岐阜のアイドルフェス『SEKIGAHARA IDOL WARS』でゴミ係してたんですよ。ほんとにゴミ屋敷の中で一日仕分けするだけのお手伝い。めちゃくさかった!(笑)。そこでウチらのこと誰も知らない人たちのごみとか集めて……そこからウチらの物語が始まったんです。

photo

写真は12月6日「流星群少女定期対バンライブ Vol,4 ROAD TO FUTURE」(渋谷eggman)


--そこから這い上がるリアルタイムの物語がこの曲に込められてるんですね。それとカップリングの『三年days』。



魁 この曲はあそこのフレーズに限るよね、「人生最後の十年と引き換えにまたこの3年が欲しい」。今っていう時間が自分の生きる場所みたいな、。わたしたちも今が一番大事だと思って生きてるんで、みんなに響いてほしいフレーズですね。

photo

写真は12月6日「流星群少女定期対バンライブ Vol,4 ROAD TO FUTURE」(渋谷eggman)


--人気曲のカップリングで全国デビューにふさわしい2曲ですよね。この年末のシングル、そして来年はアルバム発売も予定してますし、2016年の絶叫は本当に期待しかないですね。2人としてはこの先どう成長していきたい? 

魁 どういうステージに立ちたいっていうよりは、成長しながら今をずっと続けていけたら。お客さんを増やしていきながら大きい会場でやれたらいいですけど、それを目的にするんじゃなくて、結果としてそうなったらいいな。

もんてろ 魁とほぼ同じで、楽しいライブをずっと続けられるように自分たちのクオリティを上げつつ、お客さんを飽きさせないようにしたいですね。

--ライブ本数を増やすのは現実的に無理ですよね(笑)。今後はより経験値が上がるライブを増やしてほしいです。

魁 最近はバンドとかと対バンも増えてたり、めっちゃいい経験になるライブが増えてますね。私たちにも、えっふーにも刺激あるライブを増やしていきたいです! 

>関連リンク
絶叫する60度 with 6% is MINE
絶叫する60度公式twitter
魁-KAI-@絶叫する60度
もんてろ【絶叫する60度】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。