「俺様」だけど憎めない、
まっすぐな「道明寺司」役

(C)神尾葉子・リーフプロダクション/集英社 (C)『花より男子 The Musical』製作委員会2015

(C)神尾葉子・リーフプロダクション/集英社 (C)『花より男子 The Musical』製作委員会2015

――道明寺をどう造形していらっしゃいますか?

「原作を読んで、“このとき道明寺ってこういう感じなんだ”とか、“ここまで(彼は)そうなんだ”と見つけられたものはありますが、僕は共演者の演技であったり演出家の言葉に影響を受けて作ってゆくことも多いです。そんな中で道明寺の軸として僕が持っているのは、未熟さゆえの“俺様”。だからまじボケな姿もかわいいと思えるし、憎めないじゃないですか。男から見ても魅力的ですね。F4の中では間違いなく道明寺が一番好きだし、僕自身、出演が発表されてから周囲に“めっちゃ(道明寺役が)合ってるやん”と言われて、そんなえらそうにしてるつもりはないんですけど(笑)、ただ、そうしてしまう気持ちはわかるし、つくしにまっすぐなところ、男としてかっこいいなと思いますね」

――F4の4人4様のカラーが楽しめそうですね。

「やっぱり舞台版は”生身のF4に会える“のが魅力なので、そこは原作通りにやってると思いますね。道明寺と花沢類はちょっと近寄りがたいし、知らない人とはまともに会話もしないけれど、西門と美作は常識的な人たちで、遊んではいるけど、普通の人たちと接することもできる。世界が見えてる人たちなんですよね。類と道明寺だけじゃ絶対話が進まない。そういう関係性も今、稽古で確認しているところです」

――本間昭光さんの音楽はいかがでしょうか?

「作品の世界観にぴったりの、ポップス寄りの音楽です。でも決して簡単というわけではなくて、“道明寺として歌う”のが難しいですね。道明寺はたぶんストレートにラブソングを歌うような人間ではないので、“俺様がなんでラブソングなんか歌わなあかんねん”という気持ちが見えたりしながら歌いたいと思っています」

――鈴木裕美さんの演出を受けるのは初めてですよね。
『花より男子The Musical』制作発表記者会見にて。(C)Marino Matsushima

『花より男子The Musical』制作発表記者会見にて。(C)Marino Matsushima

「すごく厳しいと聞いていたけど、実際にはそう感じないですね。裕美さんは芝居に対して妥協がない方だけど、おっしゃっていることは納得できることばかりです。僕らから出てくるものをとても大切にしてくださって、例えば今まで経験した舞台では、誰かが仕事の都合で稽古を休むと、代役を立てて稽古することもあったけど、裕美さんはそういうことはなさらないんです。その人、本役の方でないと意味がないのだと思います。形だけ、ということはなさらないし、演技についても自分の中に何もアイディアがない人には厳しいけれど、何かを持ってやっているとヒントを出したり、いい部分を採用してくれたりします。何か例えて説明してくれる時も、それがとてもわかりやすくて、最近グループを結成して(若手に)伝える、教えるということも意識するようになってきた僕としてはとても勉強になります」

――これまでの舞台ともまた違った経験になりそうですか?

「裕美さん演出というだけでも大きいですね。気づかなかったことに気づけたような気がするし、演技についてもちょっとはアップデートできたんじゃないかなと思います」

*次頁ではもともとミュージシャンとしてデビューした松下さんの、ミュージカルへの思いを伺います。思いがけなく出会ったミュージカルに次第にのめりこんでいった背景には、松下さんの意外な素顔があった…?