MACアドレス制限の設定方法

MACアドレス制限の設定方法は、機種によって異なるが、参考までにBuffaloのWXR-2533DHPで変更する方法を挙げる。

1. ブラウザのアドレスバーに「192.168.11.1」と入力してEnterキーを押す。
アドレスは、お手持ちの無線LANルータのマニュアルを参照して欲しい。

2. 設定ツールにログインするパスワードを入力する。

3. 「詳細設定」ボタンを押す。

.「詳細設定」ボタンを押す。

.「詳細設定」ボタンは、右下の大きなボタン。


4. 「無線設定」→「AOSS」を選択し、図の赤い×印のアイコンを選択してAOSSを無効に設定する。

Buffaloの場合、AOSSを使用していると、MACアクセス制限を利用することができない。ほかのメーカーの場合も、制限があるかどうか確認したい。なお、AOSSで設定した端末がない場合は、赤い×のついている設定アイコンが表示されない。その場合は、この設定は不要だ。

AOSSを無効にする。

AOSSを無効にする。


5. 左の欄から「MACアクセス制限」を選択する。

MACアクセス制限を選択。

MACアクセス制限を選択。


6. 「登録リストの編集」ボタンを押してから、「検出された無線パソコン一覧」で「登録」ボタンを押し、アクセスできる端末のMACアドレスを指定する。このとき、正規にアクセスする端末を無線LANに接続しておく必要がある。

アクセスできる端末のMACアドレスを指定する。

アクセスできる端末のMACアドレスを指定する。


7. 上にある「編集を終了して前の画面に戻る」ボタンを押す。

8. 図の「制限する」チェックボックスにレを入れる。

制限するボタンを押す。

無線パソコンの接続(2.4 GHz) 制限と無線パソコンの接続(5 GHz) の両方にチェックを入れる。
 

9. 右下の「設定」ボタンを押す。

設定ボタンを押さないと設定が保存されない。

スクロールして「設定」ボタンを押さないと設定が保存されない。


10.
図の「設定」ボタンを押す。

再度「設定」ボタンを押す。

再度「設定」ボタンを押す。


これで、設定は終了だ。本体をリスタートするのでしばらく待とう。

次は、社内のセキュリティに対する認識を強化する件について解説しよう。