◎…冷凍をせずに調理したときと同等か、美味しい
○…やや違和感があるが、食べられる
△…食べられるが、美味しくない
×…まずい

レンコンの冷凍保存

レンコンの冷凍保存

冷凍しても、レンコンのシャキシャキ感は失われず。傷みやすい野菜なので、冷凍保存がおすすめ

(輪切り・薄切り)
◎茹でる…食感・味ともに違和感なく、美味しく食べられる。
◎煮る…食感・味ともに違和感なく、美味しく食べられる。
◎炒める…食感・味ともに違和感なく、美味しく食べられる。
◎揚げる…食感・味ともに違和感なく、美味しく食べられる。
◎味噌汁にする…食感・味ともに違和感なく、美味しく食べられる。

(レンコンまとめ)
レンコンは冷凍すると、時間とともにやや茶色っぽくなり、解凍すると、さらに色が濃くなります。ただし、食感や味などは冷凍せずに調理したときと遜色なく、レンコンの特長であるシャキシャキ感も残ったまま美味しく食べられます。レンコンは傷みやすい食材なので、余ってしまった分は使いやすい大きさに切って、早めに冷凍保存するのがおすすめです。


大根の冷凍保存

大根の冷凍保存

冷凍大根は、スジっぽさと、たくあんのような香りが気になります。小さめカットなら、大丈夫かも

(輪切り)
△茹でる…早く火が通り、柔らかくなるが、スジっぽさが残り、箸で切ろうとしても切りにくい。ゴリゴリとした食感があり、口に入れると、たくあんのようなにおいがする。食べられるが、イマイチ。
△煮る…早く火が通り、柔らかくなり、中まで味も染みているが、ゴリゴリとした食感が気になる。味をつけることで、においは気にならなくなるが、エグミが強く、あまり美味しくない。

(いちょう切り)
△茹でる…ややスジっぽい食感があり、たくあんのようなにおいが少しする。食べられるが、イマイチ。
◎煮る…短時間で火が通り、中まで味がよく染みる。味がつくことで、においはほとんど感じなくなる。味に違和感がなくなる。
△炒める…スジっぽい食感と、たくあんのようなにおいが気になる。食べられるが、イマイチ。
×揚げる…水分が多いせいか、しっかりと揚げてもぱりっとせず、柔らかい。エグミが強く出て、食感も悪く、美味しくない。そもそも大根は揚げるのに向かない野菜なのだろうが…。
◎味噌汁にする…煮たときとほぼ同様。

(大根まとめ)
冷凍した大根は、解凍するとやや透明がかり、水分が多く出ます。水分を多く含む野菜は冷凍解凍で組織が壊れて変質するため、食感や味に違和感が出ることが多く、大根も冷凍するときには、切り方や調理法を選ぶようです。

インターネットを検索すると、大根は生のまま冷凍して煮物などに使うと、味が良く染みて美味しいという結果が見つかりますが、実際に試してみたところ、確かに味はよく染みます。ただし、大きく切ったものはスジやエグミが気になって、あまり美味しいとは思えませんでした。もともと生のままでも大根はアクがあるため、下茹でをすることが多いので、冷凍でもいったん下茹でした上で煮物等にするとよいのかもしれません(未実験)。

スジやエグミの程度は好みや味覚の差があるのかもしれません。ただし、違和感を減らすには小さめに切って、しっかり味をつけた方がよさそうです。


にんじん

にんじんの冷凍保存

冷凍すると、にんじん臭が強くなります。子どものころ、にんじんが苦手だったという人はダメかも

(輪切り)
△茹でる…早く火が通り、柔らかいが、食感はゴリゴリとしていて、食べられるが、イマイチ。にんじんくささも気になる。
△煮る…煮たときとほぼ同様。
○揚げる…スジが少し口に残るが、甘みが増して、美味しく感じる。においも気にならない。
△味噌汁にする…煮たときとほぼ同様。

(いちょう切り)

○茹でる…食感は気にならないが、にんじんくささが少し気になる
○煮る…茹でたときとほぼ同様。
△炒める…ややゴリゴリとした食感があり、にんじんくささが気になる。
◎揚げる…甘みが強く、美味しい。食感もにおいも気にならない。
○味噌汁にする…茹でたときとほぼ同様。

(にんじんまとめ)

にんじんは冷凍している間は見た目の変化はあまりありませんが、解凍すると、皮の部分が黒く変色します。冷凍したものを調理に使うと、やや食感の悪さと、にんじん特有のにおいが強く出るようです。にんじんが嫌いという人は、このにおいが苦手なのでは。気にならないといえば気になりませんが、少しでも減らすのであれば、できるだけ小さく切って、しっかりと味をつけて調理をするのがよさそうです。

次のページでは、ごぼうを冷凍保存した結果と、根菜を冷凍保存するときのポイントを紹介します>>