静電気はなぜ起こるのか?

H

静電気による髪の広がりは嫌なもの

冬になると悩まされる静電気。突然、バチッとくるので恐怖を感じてしまいますよね。この「静電気」、どうして起こるのかご存知ですか?

地球上に存在する物体は、すべて何かしらの元素が寄り集まってできています。なかには単体でなく2つ以上の元素がくっついてできているものもありますが、元素自体は、原子核と電子が寄り集まってできています。

その原子の中には、+の電気を帯びた原子核と、その周辺に存在する-の電気を帯びた電子が存在。通常、この原子は+と-の量が一致して(バランスを保って)いるため、電気を帯びていないように感じているのです。

しかし、ほかの物質と触れあったり、摩擦や強い力が起こったりすることで、このバランスが崩れ電気は逃げ場を見つけて流れだし、静電気となって私たちに衝撃を与えるのです。

静電気は肌にもダメージを与える!?

G

静電気は肌にもダメージを与える!?

静電気は、空気が乾燥している状態のほうが起こりやすいと言われています。湿度が高いと、空気中の水蒸気が電気を通すため、発生した静電気もいつの間に流れてしまいます。しかし、冬のように空気が乾燥していると、電気の逃げ場がなくなり、静電気となってしまうのです。

静電気でよくあるのは、車のドアに触れた時にバチッと来たり、スカートのすそがまとわりついたりなど。ちなみに、これはドアノブ自体が放電しているのではなく、私たちの体に帯電している電気がドアノブに流れ込むことで、静電気が起きます。

また、衣類と皮膚、皮膚とカーペットなどが摩擦することで起きた電気は、逃げ場がないため、私たちの体に留まっています。そのため、衣類を脱ぐときに一気に電気が流れ込むと、バチバチと静電気が起こるのです。

しかも静電気は、肌にもダメージを与えると言われています。放電した際に、皮膚が傷つくことでバリア機能が弱まり、乾燥肌や敏感肌を招いてしまう可能性もあるのだとか……。

手首にする静電気防止リングなど使用している人もいると思いますが、女性としては、できれば可愛いアイテムで防止できたら嬉しいですよね。

次ページでは、使うと気分も上がるし、静電気も防止できる!美容グッズをご紹介します。