秩父のパワースポット、秩父神社

埼玉県北西部の秩父地方のパワースポットとして人気が高いのは秩父三社です。深い山々に神が棲むといわれる三峯神社、日本武尊と山犬の伝説が残る宝登山神社は、山を背景に社殿を構え神秘的です。残りの一社、秩父神社は秩父市の中心市街地にあり、ここにも新年には各々の願いを胸に秘めた人々で賑います。

堂々とした風格をみなぎらせる徳川家康寄進の本殿

秩父神社が造営されたのは平安時代初期の典籍の記述から、3世紀または4世紀にさかのぼると推定されています。創建以来、知知夫国の総鎮守として地域の人々の篤い信仰を受け続けてきました。当初の建造物は焼失し、現存する社殿は1592年に、徳川家康が寄進したものです。江戸時代初期の特徴的な建築様式が細部にまで活かされ、堂々とした風格をみなぎらせています。

堂々とした風格を見せる徳川家康寄進の本殿

堂々とした風格を見せる徳川家康寄進の本殿


本殿正面から行列を作る初詣客

新年の秩父神社は本殿を囲む境内から、大勢の人がはみ出してしまいます。露店に囲まれる下境内を行列の流れに従って進み、神門を潜れば正面に本殿が見えます。境内の中央の石畳の道を前に進み参拝をします。

下境内を囲む露店をかすめる初詣客の行列

下境内を囲む露店をかすめる初詣客の行列


神門を潜れば正面に本殿

神門を潜れば正面に本殿


本殿正面の石畳の道を埋め尽くす参詣者

本殿正面の石畳の道を埋め尽くす参詣者


おみくじの他に絵馬が豊富に並ぶ売店

参拝を済ませた人は自然に東側の売店の方向に向かいます。御神酒を味わえば正月気分も盛り上がることでしょう。おみくじ売場も大盛況です。おみくじを引いて一年の運勢を占うのを楽しみにしている人も数多くいるでしょう。秩父神社の目玉は絵馬です。売店ではおみくじの上に、何種類もの絵馬を並べています。実はこの絵馬には各々、秩父神社の本殿壁面の彫刻が描かれているのです。お気に入りの絵馬を持ち帰り、ご利益を期待する人も多いようです。

正月気分が味わえる御神酒の売店

正月気分が味わえる御神酒の売店


おみくじ売場の前も大盛況

おみくじ売場の前も大盛況

次のページでは絵馬に描かれた彫刻と、そこに込められた思いをご紹介します。