コタキナバルのご当地サンド「ロティカーウィン」

ロティカーウィン

富源のロティ・カーウィン。このバターの厚さ!これが美味しさの秘密なのです。

コタキナバルの人たちが大好きなサンドイッチ「ロティ・カーウィン」。

日本語に訳すと「結婚パン」という意味のこの名前、由来は二枚のパンがペアになったサンドイッチスタイルだからとも、中に挟まれているカヤ(ココナッツジャム)とバターが最高の組み合わせだからとも言われています。

カヤとバターを挟んだパンという点では、西マレーシアやシンガポールで「カヤトースト」と呼ばれているものによく似ていますが、カヤトーストは名前の通りパンがトーストされているのが基本スタイル。一方こちらのロティカーウィンはトーストされていないパンを使う、というのが大きな違いです。

カヤ

ココナッツミルクを煮詰めて作る「カヤ」はお土産にも人気。スーパーで各種売られていますが、液体物扱いになり手荷物では飛行機に持ち込めないのでご注意を。

ふわふわのパンの間に挟まれた冷たいバターのスライスが口の中でとろけ、その塩味とココナッツミルク味の「カヤ」の優しい甘みが絶妙のハーモニー。コーヒーやミルクティーとの相性もばっちりです。

お好みでトーストタイプも選べるのですが、「ロティ・カーウィン」だけだとトーストしていないタイプ、「ロティカーウィン・パンガン」または「ロティカーウィン・トースト」と言えばトーストタイプが出てきます。

それでは次ページでロティ・カーウィンを食べられるおすすめの2店をご紹介しましょう。