容器の金型作製に、ご協力いただきたい!

MARIACREMAundefined容器

ズラーッと並ぶMARIACREMAの容器ですが、実はこれが生産中止になってしまいました。新たな製造元で金型を作るべく、話題の資金調達方法であるクラウドファンディングに目下トライしています!

実はこのMARIACREMAにこれまで用いられてきたステンレス容器が供給元で製造中止、しかもそれの元になる金型も廃棄処分となってしまったのです。当面の使用分については残りの在庫をすべて確保することで取り敢えず対応済みですが、将来的には不安と心配が大きく残ります。ステンレスの容器を製造してくれる別のメーカー自体は比較的容易に見付けられ、既にMサイズの商品については新容器への移行が始まっています。しかし他のサイズ、特に新規ユーザーが購入してくれる機会の非常に多いお手軽なSサイズの容器を作る元となる金型がまだ、そこにはないのです。そこでこのSサイズの金型を作製する資金を、「クラウドファンディング」なる手法で調達することに、目下トライしています。

ご存じない方に一応ご説明申し上げると、クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、インターネットなどで詳細な情報を公開するのを通じ、その名の通り不特定多数の人(群衆=Crowd)から資金を調達する、近年非常に注目を集めている手段です。比較的小規模でかつ目的の明確なプロジェクトに、また大規模な企業以上に個人事業主に適しているとの評価が今日一般的になっています。そして資金調達の期間に一定の制約を設けた上でそれを専門に受託運営するウェブサイトが、わが国でもここ数年で幾つも登場しています。

「金属であれば、一般的なブリキ製の容器でも良いではないか!」そんな声が聴こえて来そうです。しかしZAPATEOの野田さんはその材質がステンレスであることに、強いこだわりを持っています。まずステンレスは一般的なブリキに比べ容器そのものが劣化しないから、つまりブリキのようには錆びないからです。また、それ故このMARIACREMA本体を使い切った後、例えばピルケースとかジュエリーボックスとかに二次利用もできるからです。中身の密封性もステンレス容器の方が遥かに優れていますし、やがては缶さえ持ってアトリエに来店すれば中身だけ小分け販売する、なんてエコな方法を視野に入れているからでもあります。

この金型の制作費には60万円が必要。それをこのウェブサイトを通じて2016年1月1日23時までに集めないと、このプロジェクトは不成立となり、容器どころかこのMARIACREMAそのものの将来に大きな不安を抱えることになってしまいます。取り扱いが簡単で効能が十二分にあり、しかも靴クリーム専門のメーカーや商社ではなく個人が懸命に開発したこの商品を、容器という副次的な問題でお蔵入りさせてしまうなどという理不尽なリスクは、なんとか解消したい。ご興味ある靴好きの皆さんのご協力、何卒お願い申し上げます!


【商品案内】
MARIACREMA

色: ニュートラル
サイズと価格(税込み):S(20g)2160円、M(50g)4104円、L(200g)1万1340円、
トラベルキット"MARIACREMA for Travelers"3780円(補充用のスティックのみだと1080円)

【お問い合わせ先】
靴工房 ZAPATEO(サパテオ)

住所:〒146-0092 東京都大田区下丸子3-8-8 1F
TEL/FAX: 03-5731-6467
営業時間:11時~17時
休日:不定休。ご来店時は事前に電話かメールにてご連絡願います。
クラウドファンディングのサイトはこちら



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。