理想のくびれとスッキリ下腹の仕上げはエクササイズで!

くびれ!ぽっこり下腹解消!が叶う

くびれ!ぽっこり下腹解消!が叶う

食事制限をすれば、ある程度体重は落とせますが、理想的なくびれやポッコリ下腹の脂肪を撃退するには、筋トレなどのエクササイズで仕上げる必要があります。

そこで今回は、くびれを作ると同時に下腹もスッキリさせる、効率的なエクササイズを紹介したいと思います。

 

理想のくびれをゲットするのに必要な「腹斜筋」とは

くびれを手に入れたいのであれば、「腹斜筋」という筋肉を意識したエクササイズがポイントです。

「腹斜筋」とは、肋骨の下から脇腹にかけて斜めに走っている筋肉。つまり「腹斜筋」は、お腹の両サイドを覆う筋肉のコルセットのようなものになります。

この「腹斜筋」が低下すると、お腹の両サイドに脂肪がついてダブつき、“くびれが行方不明状態!”を招いてしまいます。

下腹をスッキリさせるのに必要な「腸腰筋」とは

ポッコリ下腹を解消したいのであれば、「腸腰筋」という筋肉を意識したエクササイズがポイントです。

「腸腰筋」とは、体の奥深くにある大腰筋と腸骨筋を合わせた筋肉の総称で、上半身と下半身をつなげる唯一の筋肉です。

この「腸腰筋」が低下すると、骨盤が歪みやすくなることで、ポッコリお腹の原因を招きます。また「腸腰筋」は、胃や腸の消化器官とも関係が深いため、「腸腰筋」が低下すると、胃や腸の働きも悪くなります。これは基礎代謝が低下することにもつながり、肥満・むくみ・冷え、消化不良による下痢や便秘を引き起こす恐れもあります。