秋の肌は、肌老化・肌トラブルの危険性大!

h

秋は肌トラブルが出やすい季節

暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目である秋の肌は、いつも以上に不安定でデリケートな状態です。

また、肌の不調を自覚していなくても、そのまま過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、一挙に肌のトラブルや老化現象が表れるということもあるので注意が必要です。

一体なぜ、秋から冬にかけて、肌は敏感に傾いてしまうのでしょうか?


秋から冬にかけて敏感に傾く3つの原因

r

夏の紫外線の影響は秋にも……

1、夏の紫外線による肌ダメージ

秋になると、ツヤや滑らかさが失われカサカサするような感じや、厚く硬くなったようなゴワゴワを感じることがあると思います。

これは、夏の紫外線が表皮細胞に悪影響を与え、角質層の保湿機能やバリア機能が低下してしまうために起こる症状です。

また、不調を自覚していなくても、夏の紫外線は、角質層の保湿機能やバリア機能を低下させるため、肌トラブルや肌老化の可能性がひそんでいるということになります。

2、気温の減少による体調の変化
暑い夏から寒い冬へと季節が変わっていく中、体はこの変化に対応しようと頑張っています。しかしこれは、体が一種の緊張状態となっていて、外部の刺激に対して反応しやすくなっている状態とも言えます。

同様に肌も、秋になるとカユミやカブレなどのトラブルが発生しやすくなります。
これは、体調の変化に伴い、肌が外界からの刺激に対して敏感な状態になっているために起こってしまうのです。

m

秋は空気も乾燥

3、空気の乾燥や皮脂の減少も

秋になると、皮脂の量が減少し、外界からの刺激に対する防御力が弱まり、肌は乾燥しやすい状態となります。

また発汗量も減少し、空気は冬に向けてどんどん乾燥していくため、肌は慢性的に乾燥状態となり、外的な刺激に対してさらに敏感な状態となってしまうのです。

要するに、秋になるとカブレや吹き出物などの肌トラブルが発生しやすいというのは、 こういった体調の変化や肌の乾燥と大きく関係していて、 肌が外界からの異物に反応しやすくなっているからなのです。

次のページでは、肌が敏感に傾いた時の対策をご紹介します。