神技ハンドテクニックが人気の「アチェ バイ スタイルエム」

アチェ バイ スタイルエム

こだわりのハンドテクニック

アンチエイジングデザイナー村木宏衣さんを代表とした表参道「スタイルM」は、医療機器も導入する等して、高い効果と豊富なオリジナルメニューで注目のサロン。

一方、2015年5月に銀座にオープンした姉妹店「Aché by Style m(アチェ バイ スタイルエム)」は、ハンドテクニックへのこだわりで話題沸騰中。その人気の秘密を体験レポートで紹介します。

 

サロンの核、ミコツナージュとは?

/459335/

落ち着いたインテリアも人気

「アチェ バイ スタイルエム」では、表参道店と違って、機械は使わず人の手による施術に重きが置かれています。これは、村木さんが手で微妙な調整ができる、「ハンドテクニック」にこだわったため。機械ではできない、手でしかできない技術がある、と繰り出されるハンドテクニックは正に圧倒的!

アチェの核となっている「ミコツナージュ」とは、「1骨格 ・2筋肉/深層リンパ・3呼吸」の3つに働きかけることで、骨格を整え根本から身体を変えて行くというもの。
この3つに働きかけながら、筋肉をほぐして最適なポジションに戻し、リンパを流すことで美しく見せるボディメイキングテクニックなのです。

村木さんが骨格にこだわったのは、「骨格を整えるとより痩せやすい身体になり、美しい身体を作ることができる」からだそう。銀座店では主に、骨格矯正やコンディショニングで身体を根本改善していきます。

次ページでは「MIKOTSUデトックス」の体験レポートを紹介します。