アートブックで、世界の芸術を楽しもう!

部屋の中にはいすとイーゼルに置かれた絵画

世界にはたくさんの名画があるよ

学校の教科書やテレビの映像からでも知る世界の名画。しかし、その作品は誰が描いたものなのか、なぜこのような絵を描いたのかなど、こども達にとってはわからないことだらけ。

そこで、作品を描いた芸術家のことや作品にまつわる本当の姿を知るために、気軽に楽しめるアートブックから芸術の世界を深めていきましょう。芸術の知識が増えると、次から目にする名画はまた違った映り方になることと思います。


美しく大きく掲載された図版に魅了される
『世界の名画を読み解く』

世界各地の美術館には有名な絵画が数多くあります。その中でも、35点の名画を美しい図版とわかりやすい解説で紹介した本です。年代別に作品が紹介されており、作品の一部分を拡大した所にも注目です。画家の筆づかいや、絵の具の塗り重ねなどがはっきりとわかります。


 

芸術家の生涯を知る
『子どものうちから知っておきたい西洋美術を築いた画家20人の生涯』

過去700年の間、ヨーロッパで活躍した芸術家20人の生涯と作品を解説した本です。それぞれの芸術家が生きた時代背景がわかり、代表作と共にその芸術家の心情もうかがえます。

また芸術家のこぼれ話も掲載されており、ダ・ヴィンチは菜食主義者だったことや、ゴヤがブラックチョコレートが好きでいつも持ち歩いていたことなど、おもしろい話も添えられています。

 

こども向け美術全集
『おはなし名画シリーズ』

芸術家のドラマチックな生涯を童話風につづりながら名画を楽しめる、大型絵本画集です。ダ・ヴィンチ、ゴッホ、ピカソ、そして『富嶽三十六景』で有名な北斎など、全20巻あります。大判の絵が掲載され、大きくわかりやすく書かれた文章は幼児から楽しめます。

なかでも『レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ』は、こども達がよく知っている《モナ・リザ》をはじめ、1度は目にしたことがある名画が多く掲載されているので、より興味深く鑑賞することができます。

 
<<<つぎは、名画が身近に感じられる『小学館あーとぶっく1 ゴッホの絵本うずまきぐるぐる』