ゲームの暴力シーンは子供たちにどう影響する?

ゲームは親の管理が必要、でもその前にさらにやっておくべきことがある

ゲームは親の管理が必要、でもその前にさらにやっておくべきことがある

最近、子供たちの暴力が問題になっています。その原因を言及すると挙がるのが、暴力を含んだゲーム。ではゲームは子供たちの暴力性に影響を及ぼすのでしょうか? アメリカでもこれは論議になっており、さまざまな研究データが出されています。

ここ10年ほどのそれらの研究結果を総括した分析によると、

暴力的なゲームをすると、
  • 攻撃的な行動、思考、感情が増える傾向がある
  • 向社会的な行動、共感、暴力への抵抗感が減る傾向がある
ということが分かりました。

これらを踏まえると、子供たちが好き勝手にゲームをしてしまうのはよくないことが分かります。親は「いつまでもゲームばかりしていないの!」「宿題を終わらせてからにしなさい」とゲームの”時間管理”に気が行ってしまうことが多いのですが、”内容の管理”も非常に重要です。

今のゲームには、A・B・C・D・Zという5段階の年齢制限が設けられていますが、年齢制限Z以外は保護者の同伴なしで購入することができますし、そもそも親がゲームに疎く、対象年齢や内容を知らずに購入しているケースも多いと聞きます。小さい子ほど影響を受けやすいですから、せめてどんなシーンが出てくるのかは事前にチェックしておきたいものです。


ゲームは、テレビや映画とここが違う

ゲーム、テレビ、映画など、暴力シーンを含む媒体は数多く存在します。その影響力を考えるとき、「いかに残酷か」という部分に目が行きがちですが、もう1つ考慮すべき大事なことがあります。それは、”方向性”です。

テレビや映画を見るとき、私たちは”受け身”です。たとえ主人公が暴力をふるっていても、私たちは、それを客観的に観ている立場です。

一方のゲームはというと、自らが主人公となって”主導的”に攻撃をしていきます。その点でテレビや映画とは大きく違うのです。だからと言って、テレビの暴力シーンならOKと言っているわけではありません。以前、この記事『テレビの暴力シーンが子どもに与える影響』にも書いたように、テレビもシーンによっては子供に悪影響を及ぼします。テレビはもちろんのこと、ゲームはさらに慎重に気を配っていかないといけないということです。

>ゲームの普及と最近の少年犯罪の増加との関連は?