秋冬の“どんよりくすみ肌”の原因は?

undefined

タオル1本で今すぐできる対策を

朝、起きたら顔色がどんより。この時期、そんな肌の異変を感じる人も多いのでは? 秋冬の“どんよりくすみ肌”の原因は、夏の間に浴びた紫外線ダメージの蓄積と、急な気温の低下による血行不良。

秋の肌は、夏の間の冷房による乾燥や紫外線ダメージによってターンオーバー(生まれ変わり周期)が乱れ、肌表面の角層が厚くなっている状態。そのため、ゴワつきやくすみを感じる人が多くなります。また、気温の急激な低下によって肌の血流が悪くなり、肌色も沈んで見えがちです。

そのままだとスキンケア化粧品のなじみも悪くなるので、本格的な乾燥シーズンである冬を迎える前に、古い角質を取り去ってターンオーバーを立て直したいところです。

そこでおすすめなのが、蒸しタオルを使ったスペシャルケア。蒸しタオルを使って肌を温めることで、血行を促進し、新陳代謝を活性化させることができます。また、蒸気によって毛穴が開き、角質が柔らかくほぐれるので、クレンジング効果やスキンケア化粧品の浸透も高まります。

レンジで簡単!蒸しタオルの作り方

1.フェイスタオルを水で濡らし、固めに絞ります。

2.ラップで包み、電子レンジで温めます。
※大体の目安は500Wで30秒~1分程度ですが、お使いの電子レンジの機種によって異なりますので、加減を見て調節して下さい。

3.電子レンジからタオルを取り出したら、広げて少し冷まします。すぐに顔にはのせず、敏感な腕の内側などで温度を確かめましょう。熱過ぎず、気持ちいいと感じる温度になったら、そっと顔にのせます。
※電子レンジから取り出してすぐはタオルが熱くなっていますので、やけどにご注意下さい。
※顔にのせる時間は30秒~1分程度で十分。タオルが冷たくなると逆効果なので、その前に取りましょう。


蒸しタオルを使うタイミングは?

蒸しタオルを使うタイミングは、お悩みによって異なります。

■肌のくすみやゴワつきを解消したい!
→クレンジングの前に蒸しタオルをのせると、毛穴が開いてメイク汚れや古い角質が浮き上がり、クレンジング効果が高まります。

■スキンケア化粧品の肌なじみを良くしたい!
→洗顔後、水気を取った肌に蒸しタオルをのせます。タオルを取って肌が温まっているうちに化粧水や乳液で保湿すると、浸透がアップ。血行が促進されるので、顔色もパッと明るくなります!


他にもある! 蒸しタオルのこんな使い方!

undefined

目の疲れやクマにも有効!

蒸しタオルは、肌のくすみ以外のさまざまなお悩み解消に効果を発揮します。

■首・肩のコリに!
蒸しタオルを折りたたみ、首の後ろにかけるようにのせます。冷えで凝り固まった首や肩を温めることで、血流がアップ。寝る前に温めれば、リラックスでき安眠効果も期待できます。

■目の疲れ、クマに!
蒸しタオルを折りたたみ、目元を覆うようにのせます。目元を温めることで血流を促進。目の疲れだけでなく、目元のくすみやクマの解消にも効果的です。またアイクリームを塗った後にのせれば、クリームの伸びも良くなり、なじみやすくなります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。