華僑・華人の誇り、「開平の望楼群と村落」

自力村、銘石楼屋上からの眺め

自力村、銘石楼屋上からの眺め。中央は鉄筋コンクリート造・5階建ての雲幻楼で、1921年にマレーシアから帰国した華僑・方文嫻氏が建設した。左が養閑別荘、右が居安楼と安廬

中国と西洋の建築様式が混在する高層住宅と、山川・竹林・田畑が調和した文化的景観が美しい開平の望楼群。村人たちは先祖が生み出し、一族に伝えられたこうした伝統を大切に受け継いで、昔ながらの生活をいまに伝えている。

開平に残る望楼は現存するものだけで1833棟を数えるが、そのうち三門里、自力村、馬降龍、錦江里の4村20棟が世界遺産に登録されている。今回はそんな中国の世界遺産「開平の望楼群と村落」を紹介する。

世界的に珍しい歴史的高層建築

錦江里の錦江楼と瑞石楼

錦江里の望楼群。左は1918年に避難所として建てられた5階建ての錦江楼。右は1923年竣工で、香港商人の黄壁秀氏が建てた9階建ての瑞石楼。瑞石楼は「開平望楼第一楼」と呼ばれ、もっとも美しい望楼とされている

高い建物は建設が難しいため、古くて高い建物はたいていピラミッドのような山型か、塔のような細長い形をしている。現在見られるビルのようなデザインは、19世紀後半に強く細く軽い金属の骨組=鉄骨構造が普及してからのものだ。

馬降龍、永安村の天禄楼

黄一族29戸が集まって築いた馬降龍、永安村の天禄楼。鉄筋コンクリート造の8階建てで、1925年に竣工した

そのため、人が住むことのできる歴史ある高層建築はそれだけでとても貴重。世界遺産でいえば、イエメンの「シバームの旧城壁都市」やモロッコの「アイット・ベン・ハドゥの集落」、タンザニアの「ザンジバル島のストーンタウン」などにそうした建物が見られるが、いずれも他に類を見ない独特の建築物になっている。

そして上や右の写真だ。田畑や竹林から突き出す高層建築、1階より最上階の方が広い形状、西洋風と中華風の折衷的なデザイン等々、ここでしか見られない特徴が詰め込まれている。私はこれまで70か国以上を訪ねているが、こんな建物は他で見たことがない。

こうした建物を中国語でディアオ・ロウ(石偏に周の字+樓)という。中国でもほぼ開平近郊でしか見られない楼閣建築で、日本では望楼あるいは華僑洋館と呼ばれている。

 

開平の歴史と望楼の誕生

馬降龍の永安村、保安楼と天禄楼

馬降龍の永安村。左端の望楼が保安楼、右端が天禄楼。村の東西に保安楼と天禄楼を設けて見張り台兼城砦とし、その間に家々を並べることで村を守った

開平は黄河、長江に並ぶ中国の大河・珠江(しゅこう)流域に栄えた町で、豊かな土壌を利用して古くから稲作が行われており、「稲作の起源地」ともいわれている。

錦江里、昇峰楼から見た錦江楼

錦江里、昇峰楼から見た錦江楼(手前)と瑞石楼(奥)。手前の柱にはギリシアのコリント式柱頭が見られる

1644年に漢民族が建てた明が滅亡して満州族の清が天下を取ると、広東省をはじめとする中国南部で反乱が起こる。これに呼応した鄭成功(ていせいこう)は明の復興を目指して台湾を拠点に反清復明運動を主導。清は広東省や福建省などの沿岸の住人を内地に移住させる遷界令を出して、大陸と台湾の分断を図る。

台湾を鎮圧すると、清は遷界令を撤回。もとの住人たち=本地人は沿岸部に帰還するが、人がいなくなった沿岸部には新たに漢民族が流れ込んでおり、こうした人々はよそ者やお客さんを意味する客家(はっか)と呼ばれて本地人と対立した。

 

立圓、毓培別荘

立圓、毓培別荘。立圓園主・謝維立が第二の妻・譚玉英のために建てた望楼別荘だが、彼女は結婚した翌年、難産のため他界してしまった

19世紀になると、アヘン戦争やアロー戦争で中国南部は疲弊し、戦後、貿易の中心が広州から上海に移ったことで南部の没落が進んだ。1851年に客家の洪秀全が滅満興漢(満州族を滅ぼして漢民族の国を興す)を掲げて太平天国の乱を起こすと、客家と本地人の対立が深刻化。こうして次々と襲いかかる災難のために生活できなくなった農民たちは故国を捨て、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インドネシアといった新天地に旅立った。

彼らのような外国人労働者はクーリー(苦力)と呼ばれ、特にアメリカでは鉱山開発(ゴールドラッシュ)や大陸横断鉄道の建設に従事してアメリカの発展に貢献した。

ところが19世紀末以降、アメリカやカナダで徐々に中国人排斥運動=排華政策が浸透し、20世紀に入ると華人(外国籍を持つ漢民族)や華僑(中国籍を持つ漢民族)たちが続々と中国南部に帰還する。こうして開平に戻った華人や華僑は外国で見た西洋風の望楼を建てて、故郷に錦を飾った。