サンドイッチの美味しさはパンで決まる!

1

グラハムブレッド

美味しいサンドイッチにはやはり、美味しいパンが必要です。
我が家では香ばしいグラハムブレッドやフワフワ生地が子供にも大人気のサンドイッチパンを使うことが多いです。
(※グラハムブレッドは上記のレシピの成型より、大きめに成型しています)

 
食べた時に、中身の具材に潰れてしまわない食感と、弾力、そしてもちろん美味しさのあるパンを選ぶことをおススメします。


具の選び方

1

アボカドディップ

まず、メインになる味を決めてからそこに合う食材を選んでいけば美味しく仕上がります!食べる相手、男性なのか女性なのか、年齢はどのくらいなのか、などその方の好みも考えて味を決めましょう。

その時、パンや他の具材で味がぼやけてしまわないように、メインの味はしっかりつけるのがポイント!

例えばメインの具材はアボカドにして、アボカドにはしっかりと味付けをします。マヨネーズ・お塩・摩り下ろしにんにくを加えて、アボカドも潰し過ぎず、歯ごたえが残る具合です。

■オススメ具材…サーモン(味がしっかりついているものが望ましいです)
 

 緑のサラダ

1

シャキシャキレタス

そして、食感もあり、全体の色を綺麗に見せてくれるサラダは加えたほうが良いでしょう。

私は、見た目の可愛さでフリルレタスを使用するようにしていますが、そこはお好みでOK。必ず、水に浸してシャキシャキ感を取り戻して下さい。
 トマトは厚めにカットして、ハムは余分な油をキッチンペーパーなどで拭きとっておきましょう。

                              

 

具を挟む

1

出来上がり

具をはさんでいく時に大事にしていることは、食べるまでにかかる時間。
作ってからだいぶ時間がある場合は、パンと隣り合わせの食材でパンがベチャとなってしまわないように、水分を多く含む食材は中央に置くようにしましょう。

例えば、上記のアボカドを入れる場合、ハムの間に挟んで美味しさを保つように工夫します。
トマトは、ハムとサラダの間。こうすることでパンが水っぽくなりにくく、食感も美味しく楽しめます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。