1 丸形、オレンジ、茶色のお菓子を
「お化けかぼちゃ」に変身させる小ワザ

ジャック・オー・ランタン

丸いお菓子で作るジャック・オー・ランタン

ハロウィンと言えば先ず、「かぼちゃのお化け ジャック・オー・ランタン」を想像しませんか? お化けになった由来と、このとぼけた表情はなんともユニークですね。お化けなのになぜか笑顔のジャック・オー・ランタン。沢山作っても全然怖くないですよ!

お化けかぼちゃは「三角の目と口を描くだけ」でOK!

透明容器

透明な容器は中にオレンジの物を入れましょう。

形が丸く、色がオレンジ又は茶色のお菓子をハロウィン仕様にアレンジするなら、顔を描いてジャック・オー・ランタンにアレンジしましょう!

シュークリームや丸いクッキーにはチョコペンで顔を描き、みかんはペンで皮に直接顔を描きます。

また透明の容器には黒い紙で作った目と口を貼ってから中にオレンジ色のスナックを入れます。もしくはセロハンを入れてからお菓子を入れると良いでしょう。 

2 丸形、ひょうたん型、黒色のお菓子を
「クモ」に変身させる小ワザ

くも

黒いお菓子で作るクモ

ハロウィンのモチーフとしてお化けかぼちゃの次に思い出すのが「黒いクモ」ですね。実際のクモは見るのも怖いのですが、お菓子で作ったクモはどこか愛嬌があり、とっても美味しそうに見えますね。
市販のお菓子をクモにアレンジするなら、丸形、クモの頭と体を連想させるひょうたん型、色は黒かこげ茶が良いでしょう。

クモは「8本の足と目の位置」がポイント!

クモの目

目の位置に気をつけましょう。

お菓子でクモを作るには、お菓子に足を8本付けるとクモらしく見えます。ただ目の位置に気を付けないとタコみたいになってしまうので、目は足よりも下に来るようにしてください。

今回、丸いチョコパイを胴体にし、目にはチョコペンで黒目を書いた小さなマーブルチョコレート、足には極細ポッキーを使いました。黄色や赤の目にすると不気味でハロウィンらしくなりますよ。
コーヒーゼリーのクモの足は長いグミキャンディを切ったものを使っています。 

≫次ページではコウモリとゴーストのお菓子の変身法則をご紹介しています。