アラサーは体重よりも見た目が大事!見た目意識のカラダづくり

体重計の数字を常に気にするダイエッター。一方で、友達や恋人など周囲の人は、数字ではなく見た目であなたのスタイルを判断します。大事なのは数字ではなく見た目!特に、筋力の低下や脂肪のつき方が変わってくるアラサ―世代が気にすべきは、見た目の印象を意識したカラダ作りです。


20代当時の不摂生の積み重ねが30代のカラダをつくる

allabout,アラサーundefinedダイエット,食事,運動

アラサー女性は見た目づくりが大切

ダイエットの観点で見ると、アラサ―は20代の時の生活が如実にカラダに反映されてくる時期です。不規則な食事、栄養バランスの悪い食事、運動不足、冷えやむくみを放っておく、睡眠不足、ストレスケアをしない等々、20代の時の不摂生な生活が徐々に体質を変化させ、体重が増えやすく減りにくくなったり、以前とは違う場所に脂肪がつくようになったり、体型が変わってきたり、と、小さな変化が積み上げられてきます。その変化は一気にやってくるわけではないので気づきにくいかもしれません。まずは、カラダをじっくり観察してセルフチェックしてみましょう。

 

□全体的に脂肪がまんべんなくついているというより、ウエスト、下腹、膝周りなど部分的に脂肪がつくようになった
□セルライトが以前よりも増えてきた(特にお尻~太もも、お腹)
□以前はつきにくかった上半身にも脂肪がつくようになってきた(二の腕、背中脇、お腹)
□肌のハリがなんとなく、なくなってきた気がする
□バストやヒップの位置が下がってきた気がする

上記が主に30代以降から見られるカラダの変化です。1つでも当てはまるものがあれば、それは、体質が変わって太りやすくなってきているというサインです。

≫アラサーダイエットは第一に運動習慣を身に着けることから!