ダブリンのおすすめ無料観光スポット

1

入場無料の美術館のひとつアイルランド現代美術館

アイルランドの首都ダブリンはヨーロッパの中でも物価が高いことで有名。観光費用もおのずとかさみがちですが、実は無料で入場できる観光スポットもいろいろ。今回はなかでもおすすめの3つの博物館・美術館をご紹介します。ダブリン観光の際にはぜひ利用してみてくださいね。

アイルランドの至宝も。国立考古学・歴史博物館

5

博物館の売店には、館内に展示されている金細工のレプリカも販売されている

ダブリンの中心地にある国立考古学・歴史博物館は、8世紀につくられたという国宝「タラのブローチ」があることで有名。金細工のブローチは一見こじんまりしていますが、よく見るととても繊細なつくりで、高度な文明がそこにあったことにあらためて驚かされます。このブローチをはじめ、バイキング襲来前のケルト民族特有の技法が用いられた金製の工芸品の数々は必見です。バイキング時代の宝飾品も展示されているので、比較してみるのも面白いでしょう。

国立考古学・歴史博物館の周囲には見所が多く集中しているので、観光の合間に立ち寄ることも可能。また、観光・ショッピング中にいきなり雨が降ってきたというようなシーンでも、雨宿りがてら立ち寄ることができます。

<DATA>
国立考古学・歴史博物館
住所:Kildare St. Dublin2
開館時間:10:00~17:00(日曜のみ14:00~)
休館日:月曜・祝日

アイルランドの名画に注目!アイルランド国立美術館

2

美術館のそばには、アイルランドならではのジョージアンハウスが密集するエリアも

アイルランド国立美術館は、名画のラインナップに定評のある美術館。絵画好きにはぜひ訪れてほしいスポットです。レンブラントやフェルメールなどの国外の画家による名画をはじめ、アイルランドの画家も幅広く紹介していますので、お気に入りの画家に新たに出会う可能性もありそう。

中にはカフェも併設されているので、アートな一日のしめくくりにのんびりお茶をするのもおすすめです。

<DATA>
アイルランド国立美術館
住所:Merrion Sq. West & Clare St. Dublin2
開館時間:木曜9:30~20:30、日曜12:00~17:30、その他の曜日9:00~17:30
休館日:聖金曜日、12月24~26日

モダンアートをのんびり満喫。アイルランド現代美術館

4

庭のオブジェの中にはとっても不思議なものも

アイルランド現代美術館は国内外の20世紀のモダンアート作品を展示している美術館。ガイドは同美術館の近くに住んでいたことがあるのですが、ここは企画展の内容が変わるたびに訪れていたほどお気に入りの場所です。ユニークな展示の数々はもちろん、庭が広く、のんびり散歩ができるのもおすすめの理由。庭にある石像やオブジェの数々は、一見普通のたたずまいなのですが、よく見てみるとモダンアートらしいひねりが効いたユニークなものばかり。散歩がてらぜひ注目してみてほしいと思います。

ダブリンの中心地からは少し離れていますが、美術館からそう遠くないところにギネスストアハウスなどの注目アトラクションもあるので、それらのスポットと組み合わせてまわることで時間のロスなく、効率よく回れるでしょう。

<DATA>
アイルランド現代美術館
住所:Royal Hospital Military Rd. Kilmainham, Dublin8
開館時間:木曜9:30~17:30、日曜祝日12:30~17:30、その他の曜日9:00~17:30
休館日:月曜、聖金曜日、12月24~26日

無料とはいえ、見ごたえたっぷりのコレクションをそろえる美術館、博物館の数々。有料の観光アトラクションと組み合わせてぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。