毎日エアコンをガンガンにつけていませんか?

N

なんだか最近だるい……

猛暑続きで体はバテ気味。汗をよくかいているせいか、肌の調子もイマイチ。そんな風に感じていたら、もしかするとそれはエアコンが原因かもしれません。

エアコンがもたらす症状の1つに「冷え性」があります。厄介なことに冷え症は、手足が冷えるというだけでなく、鼻水や喉の痛み、頭痛といった風邪に似た症状から、全身のだるさや疲れ、食欲不振や下痢。はたまた、イライラや肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順など、様々な症状を引き起こします。

 


冷え性はなぜ起こる?

エアコンの効いた部屋にいる時に、「ちょっと寒い」と感じた事はありませんか?この状態を長時間、あるいは毎日感じ続けていると体は大きなストレスとなります。やがて、自律神経(交感神経と副交感神経)がダメージを受け、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。そのため、冷えという症状が現れてしまいます。

Q

ガンガンに冷やしていませんか?

また、冷え症になると体がなかなか温まらず、汗もかきにくくなってしまうことも。汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内に溜まってしまい、全身のだるさや疲れという症状が現れてしまうのです。

さらに、症状が悪化すると、夏だけでなく1年中冷えに悩まされる事に。

 


屋内外の気温差も体調不良の原因に

室内はエアコンでガンガンに冷えているのに、屋外は連日35℃を超える猛暑。自律神経は、5℃以上の急激な気温の変化にうまく対応できません。この5℃以上の温度差を毎日繰り返していると、交感神経と副交感神経のバランスに異常をきたします。

しかも、水分の排出もうまくできず、老廃物も下半身に溜まってしまうため、足はむくんで太くなりがち。肌も自ずとくすんでしまいます。

 


冷え性が引き起こす肌トラブル

H

大量の汗も肌トラブルに

さらに、エアコンは空気が乾燥するため長時間エアコンが効いた部屋にいると、肌も乾燥してしまい、乾燥による吹き出物を引き起こしてしまうことも。吹き出物というと、肌がべたついている、油っぽい状態をイメージしますが、実は乾燥も吹き出物の原因になります。

また、エアコンなどによって体が冷えすぎるために血行が悪くなり、新陳代謝が滞り、肌に新鮮な血液や栄養が届かなくなることも吹き出物の一因に。

夏場は乾燥とは無縁と、思っている人もいるかもしれませんが、実は冬場以上に乾燥しやすい環境だということを覚えておきましょう。

表面はべたついているのに、内側が乾燥しているインナードライがおきやすいもの夏ならではの特徴です。

次のページでは、エアコンとの上手な付き合い方をご紹介します。