同じ言葉を繰り返す壊れたレコード・テクニック

レコードはレコード・ディスクに傷がつくと針が飛び、同じ場所を何度も再生します。「壊れたレコード・テクニック」とは、壊れたレコードのように同じ言葉を繰り返す方法です。同じ言葉を繰り返すため、理由を詳しく説明する必要はありません。何も考える必要はないのです。

それでは、先ほどの会話で「壊れたレコード・テクニック」を使うとどのように会話が展開するかをみてみましょう。

同僚:「今度の土曜日に、社会人野球の試合があるんだけど、人数が足りないんだよ。お前もなんとか都合つけてこれない?」
Aさん:「その日は、外せない用事があるから、行けないんだ」
同僚:「用事って何の用事なの?」
Aさん:「外せない用事なんだよ。だから行けないんだ。ごめん。」
同僚:「野球は人数が集まらないとできないんだよ。頼める奴がいなくてさ。どうしても駄目なの?」
Aさん:「残念だけど、その日は外せない用事があって、行けないんだよ」
同僚:「ちょっとの時間でいいんだよ。守備の時に立っててもらうだけでいいから」
Aさん:「その日は、行けないんだよ。本当にごめん」
同僚:「分かったよ。他の人に当ってみる。」
Aさん:「ごめんね」

この例のように壊れたレコード・テクニックを使うと、相手が論破する理由をみつけられません。そのため論破できなくなります。


壊れたレコード・テクニックのコツ

この壊れたレコード・テクニックのコツは、本当に同じ言葉を繰り返すことにあります。違う言い方をすると、主張が曖昧になってしまうためです。同じ主張を繰り返されると、相手は早くあきらめてくれるはずです。また、自信を持った態度で、同じ言葉を繰り返すと、なお効果があります。

「壊れたレコード・テクニック」は、色々な場面で使うことができます。同僚との会話から、しつこい電話勧誘やキャッチ・セールスまで、是非使ってみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項