学費・教育費/塾・予備校・受験にかかるお金

浪人すると予備校費用はいくらかかる?

大学・短大進学率は58.9%と過去最高。大学に入学した学生のうち、19歳以上の人が浪人生だったとすると、約5人に1人が該当します。浪人した場合、予備校費用はどのくらいかかるのでしょうか。平均相場を調べました。

鈴木 さや子

執筆者:鈴木 さや子

学費・教育費ガイド

  • Comment Page Icon

大学に入学する人の約5人に1人が浪人

文部科学省「令和3年度学校基本調査」によると、大学に入学した学生の約20%が19歳以上であり、多くの場合、1年以上浪人して受験勉強していたと考えられます。国立・私立別だと、私立の浪人率の19%に対し、国立は26%と浪人率は高めのようです。浪人生の多くが予備校に通い、朝から夕方まで勉強時間に充て次の年の合格を目指しますが、取得講座も増えることもあり、現役生より費用はアップします。

大学受験の塾・予備校でかかるお金」で書いたように、現役生の予備校費用は年間40万~100万円が目安。では、浪人生の場合はどのくらいかかるのでしょうか。
現役のときに比べて、後がない分お金がかかってしまう?

現役のときに比べて、後がない分お金がかかってしまう?

 

浪人の予備校費用は選ぶコースによって大きく変わる

高卒生を対象にしている予備校の多くでは、通常の単科講座のほかに、目指す学校や理系文系コース別に複数の講座がパッケージされたものが用意されています(もちろん予備校によって料金体系は異なります)。

また、4月に入塾する場合と9月に入塾する場合では、入会金・授業料が異なります。4月に入塾したほうが単価は低くなります。
 

コース授業料は77万~199万円とかなり差がある

どのコースを受講しても料金が一律の予備校もありますが、ここでは一例として、希望するコースによって費用が異なる都内の某大手予備校の授業料を紹介します。
医・薬・農・獣医系は高め

医・薬・農・獣医系は高め

目指す大学が国公立の場合は、医・薬・農・獣医系で79万~100万円、理系で79万~94万円、文系で79万~94万円。私立の場合は、医・薬・農・獣医系で78万~199万円、理系で78万~86万円、文系で77万~85万円と、特に医・薬・農・獣医系に大きな開きがあるようです。目指す大学がハイレベルだったり、個別指導付きだったりすると金額は上がる傾向にあります。

しかし、かかるお金はこれだけではありません。夏期講習や冬期講習、そして不得意科目や重点科目などの単科授業や、小論文添削や実験教材費といった費用も上乗せでかかってきます。
 

夏期・冬期講習は10万円程度かかる可能性がある

次に、夏期・冬期講習の費用をみてみましょう。
予備校における夏期講習費用の例

1講座あたり1万7500~2万2500円といったところ

夏期・冬期講習は、各家庭で経済状況に応じて、講座数を調整できるようにフレキシブルに組み合わせられる予備校がほとんどです。複数講座受講するのが一般的で(一つだけの場合割高になったり、複数受講しないといけないこともある)、A予備校の場合は4講座で7万円、6講座ほど申し込むと10万円超となります。

たとえば私立文系を目指している場合、通常授業で77万~85万円、夏期講習や冬期講習で10万円ずつ、また必要に応じて単科授業をいくつか受講すると考えると、予備校にかかる費用はざっくりと100万円前後は見積もる必要がありそうですね。

予備校には毎日通うことになるため、交通費も大きくかかります。予備校によっては、学割が効かないところもあるため要注意。浪人すると決めてから予備校を決める時間は意外と短いため、費用も大切ですが、授業の形態やサポート内容、施設など総合的に選ぶことが大切です。また予備校によっては、成績優秀かつ経済的に家計が困窮している高卒生に、授業料などが一部免除になる特待生制度や奨学金制度を設けています。予備校を選ぶ際にはこうした制度も併せてチェックするとよいでしょう。

子どもの大学受験を経験したママによると、「現役よりも浪人時代のほうが、後がないからお金がかかった」とのこと。たしかに現役時代よりも時間もあり、子どもの不安を少しでも取り除くためにも、お金をかけられるだけかけてしまうかもしれません。

さらに、大学受験費用もマネープランに入れておきたいもの。たとえば国公立前期・後期・私立5校・共通テスト利用で約23万円かかります。遠方の大学を受験する場合は、これに加え交通費や宿泊費もかかりますし、無事合格したあとは入学金や授業料など大きな出費が続きます。入学金が支払えないなど本末転倒にならないように、予備校にかけるお金を計画的に、子どもと一緒に決めていきたいですね。

【関連記事】
大学受験の塾・予備校でかかるお金
意外とかかる大学受験費用
大学院の学費はどれくらいかかる?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます