産後にありがちな危機、夫婦の心の決裂

産後の赤ちゃんと夫婦

赤ちゃんが生まれて幸せだけど、産後の夫婦の心はすれ違いがち

赤ちゃんを迎える女性は、妊娠中からおなかの中の赤ちゃんの存在感がどんどん大きくなっていくのを体感しながら、「母親になる」という気持ちを自分の中で育んでいきます。
夫も「父親になる」という思いは少しずつ大きくなっていくとはいえ、母親の気持ちになかなか追いつくことはできません。赤ちゃんが生まれて初めてその存在をリアルに感じ、日々の中で少しずつ少しずつ父親になっていくと言っても過言ではありません。

そんな夫婦の間には、日々のちょっとした会話の中に温度差が生まれたり、それがいつしか大きな溝になってしまったりすることも。赤ちゃんという新しい家族が加わって夫婦の関係も大きな変化を遂げていく時期だからこそ、よりよいコミュニケーションを目指していけたらいいですね。

家で赤ちゃんの追われる妻、家にいる時間が短い夫という一般的な産後の夫婦の形の中で、心の決裂を防ぐためにお互いができること、そして夫婦ともにできることを考えてみました。


産後の夫ができること

■できるだけ早く帰る
これは、家で1日中育児をしている妻にとって、本当にホッとすることです。手伝ってほしいというよりも、話をできる人が帰ってきてくれたことにホッとする部分も大きいのかもしれません。赤ちゃんを迎えた家庭のお父さんは、働き盛り世代。なかなか毎日はそうはいかなくても、週1日でも「今日は早く帰れたよ!」と笑顔で帰る努力をしていただきたいです。

■できることを積極的にやる
洗い物をする男性

産後は夫の家事力成長のチャンス!

母親は赤ちゃんのお世話に追われ、夕飯を食卓に出すことやお風呂の準備ができないことも多々。そんな時、何も言わずにお風呂をサッと洗ってお湯を張り、夫婦の食卓を整えてくれれば、妻の心は精神的な負担が減るだけでなく、ハートでいっぱいになるでしょう。オムツ替えを1回やってくれるだけでも助かると思うほど、産後の母親はバタバタした時間の中を過ごしているのです。

■日中の話を聞く
「大変だったね」「おつかれさま」「頑張っているんだね。」。日中の話を聞いてこんな言葉をかけてもらえると、妻は、身体は疲れていてもエネルギーが沸いてきます。

夫の方から話しかける時、「今日どうだった?」とざっくり聞くよりも、「今日は(赤ちゃんは)たくさん寝てくれた?」「体の調子はどう? 少しは横にになれた?」などと具体的に質問する方が、話が続きやすくなります。妻が、「なかなか寝てくれない」などと赤ちゃんの様子を相談した時にも、「こうすればいいんじゃないの?」「赤ちゃんなんだから仕方がないよ」という「解決」よりも、「どうしたらもう少し負担を減らせるかな」と一緒に考えてくれることに心強さを感じることも。答えを出すよりも「一緒に考えてくれる、悩んでくれる」ことを確かめたい気持ちもあるのかもしれません。

■黙り込まないでほしい
また、男性はすぐに言い返すのではなく「どうしたらいいんだろうか」と考えて黙ってしまうことも少なくありません。黙っていると無視されている、関心がないという印象を相手に与え、火に油を注ぐ形にもなります。すぐに答えられない場合には、「今すぐに答えが見つからない。きちんと考えてみる」と言葉に出すだけでも、ヒートアップしている相手が少しクールダウンできるかもしれません。

>>>夫との理解を深めるために、妻ができることは