1度読んだらやめられない?長新太さんの絵本たち

長新太さんの絵本は、「頭の柔らかな人にしか、その面白さがわからない!」と言われることがあります。それは、長さんが「ためになる」絵本ではなく、「意味はよくわからないけれど、なんだかとっても面白い」という絵本を作ってきたからではないでしょうか。その面白さは1度読んだら癖になり、しばらく読まずにいると、まるで中毒症状のように、読みたくて読みたくて我慢できなくなるのです。そんな長新太さんの作品をまとめてご紹介します。どれも長さんならではの不思議な世界が広がる絵本です。


風まかせならぬゴムまかせの風来坊『ゴムあたまポンたろう』

絵本『ゴムあたまポンたろう』の表紙画像

ゴム製の柔らかあたまのポンたろう。不思議な世界一周空の旅へ……

ポンたろうは、ごらんの通り頭がゴムでできている男の子です。山にポ~ンとぶつかって、ボールのように空を飛んでいきます。ところが、マズイ! 下には野球のバットのようなつのを持った大男が……。

と言っても心配ご無用です。上手く大男のつのにあたると、バットで打ち返されたようにぐんぐん飛んで、飛距離を伸ばしていきます。おお、特大の場外ホームランだあ。大きく飛ばされたポンたろうは、バラの棘や、オバケや、ハリネズミや、とにかくいろいろなものに次々ぶつかっては、再びポ~ンと飛んでいきます。

そんな様子に「うわあ、面白い!」と小さな読者たちは歓声を上げますが、大人には大きな疑問が残ります。ポンたろうはなぜ割れないのでしょう? あんなものやこんなものにまでぶつかっているのに、割れないのはなぜなんだ? 

ハリネズミのイメージ画像

ハリネズミだって怖くない!棘にはめっぽう強い(?)ポンたろうです

目を白黒させながら読むうちに、気がつきました。あちらこちらにぶつかりながらも、自由に空を飛び、それを楽しみ、たくましく行動していくポンたろうは、子どもの姿そのものなのだと。そう考えれば、簡単に割れないことも納得です。

でもそうなると、気になるのはお話の結末です。実はこの作品は、子どもの物語の王道を行く「行きて帰りし物語」になっているのですが、そこは長新太ならではの味付けで……いや、これ以上はやめておきましょう。結末は、やはり読んでのお楽しみ。お子さんとご一緒に、ナンセンスに包まれた弾む空の旅をご堪能ください。


【書籍データ】
書籍名:ゴムあたまポンたろう
作:長新太
価格:1404円
出版社:童心社
推奨年齢:3歳くらいから
購入はこちらから


>> 次の絵本で、読者はキャベツあたまの少年に心を奪われる?