確かに汚れが落ちる、そして革が潤う!

使用後の革の表情の違い

向かって左が従来のM.モゥブレィ ステインリムーバーを用いた後、右が新発売のM.モゥブレィ プレステージ ステインクレンジングウォーターを用いた後です。ちょっと解り難いのですが、後者の方が革に潤いがより多く残っています。

新発売なったM.モゥブレイ プレステージ ステインクレンジングウォーター(以下「クレンジングウォーター」と記します)の効果や如何に? と言うことで従来のM.モゥブレィ・ステインリムーバー(以下「ステインリムーバー」と記します)と何が、どう違うのか、使用感を比べてみました。コットンパフにそれぞれ同じ分量だけ取り、同じ力加減で靴に馴染ませてゆくと…… うん、やっぱり違うなぁ! 以下各項目別に違いを挙げておきましょう。

1.匂い
どちらもキツさは殆ど感じませんが、ステインリムーバーは僅かに化学系の鼻をツンと突く感覚があるのに対し、クレンジングウォーターの方は確かに植物系のオイルっぽい香りです。匂いが苦手で前者を好んでは用いなかった人でも、後者なら特段の支障はなく使えるのではないでしょうか。

2.使用感・伸び具合
サラサラな質感のステインリムーバーに比べ、クレンジングウォーターは幾分トロッと濃厚な印象の液体です。前者は革を僅かに擦るような感覚がないわけでもなかったのですが、後者は革にピタッと吸い付くような使い心地で、よりスムースに余計な力を入れることなく革に伸ばしてゆくことが可能になっています。

3.使用後の革の状態
一番上の靴のつま先の写真をご覧願います。向かって左がステインリムーバー、右がクレンジングウォーターで拭き取ったものです。写真ではハッキリとは分からないのですが、革が若干白んで見える前者に対し、後者の方が明らかに革に潤いが残っています。これが保湿力のあるホホバオイルの効果なのかな?
コットンパフの汚れの違い

汚い写真でごめんなさい。拭き取った後のコットンパフで両者の差が歴然と出ました! 向かって左が従来のM.モゥブレィ ステインリムーバーを用いた後、右が新発売のM.モゥブレィ プレステージ ステインクレンジングウォーターを用いた後です。後者の方が色味がはっきり落ちています。成分がより効果的に革に浸透している証拠!

4.汚れの落ち具合
上のコットンパフの写真をご覧下さい(汚い写真で申し訳ない)。向かって左がステインリムーバー、右がクレンジングウォーターを染み込ませたものです。後者のほうが靴クリームの色がくすまず、ハッキリとした色合いで落ちていることが一目瞭然! それだけ後者の方の浸透度そして洗浄力が高い証拠なのだと思います。靴自体がもともと有していた色味まで抜けてしまう訳ではありませんので、その点はご安心を。

いずれにしても、従来のステインリムーバーも決して悪いわけではないのですが、「より軽い力で」「より効果的に汚れが落ちる」と共に「革の水分を十分に保つ」効果は、比べてみるとクレンジングウォーターの方が明らかに上です。牛革のスムースレザーは当然のこととして、コードヴァンのお手入れとかにも今まで以上に安心して使えそうです。今までクリーナー自体が苦手だった人でも、これなら無理なく使えるのではないでしょうか。

唯一、このM.モゥブレイ プレステージ ステインクレンジングウォーターで惜しいのは、1瓶の容量が100mlと少なめな点位かな? これまでのものより少量でより効果的に汚れが落とせるからとか、オリーブオイル・ホホバオイルの酸化リスク等を考慮したのだとは思いますが、クリーナーってついつい多用しがちですので、例えば200mlバージョンがあればなおさら嬉しかったりします(R&Dさんよろしくです!)。それだけ使い勝手の良い、優れたクリーナーだと思いますよ!


【商品案内】
M.モゥブレィ・プレステージ ステインクレンジングウォーター

容量:100ml
税込価格:1080円
お問い合わせ先:R&D
TEL:03-3847-2255





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。