ウォンチーケイ (黄枝記)

つい入ってみたくなるレトロな外観

つい入ってみたくなるレトロな外観

1946年に広東省で創業した麺と粥の専門店。その後マカオにもお店をオープンし、さらには香港へも上陸しました。おすすめはワンタン麺。「香港に来たら必ずこのワンタン麺を食べる!」と旅行日程にもしっかりと入っているリピーターも多いほど、やみつきになる麺なのです。この麺を作る方法は独特で、マカオにポルトガルの大統領が訪問した際にもパフォーマンスをしたそうです。

ナイトスポットのランカイフォンの近くなので、夜遊びした後ちょっと小腹が減ったという時にもサクッといただけます。

<DATA>
Wong Chie Kei
住所:G/F 15B Wellington Street, Central
TEL:(852)3559 1025
アクセス:MTR中環D2出口、徒歩5分
営業時間:7:30~翌2:00
料金:30香港ドル~(約350円)

クリスタルジェード・ラミエン・シャオロンパオ 翡翠拉麺小籠包

夏季限定で冷麺もある

夏季限定で冷麺もある

シンガポールで1991年にスタートして以来、アジア10カ国に進出した翡翠グループのひとつ。現在では70店舗以上あり、香港にも7店舗あります。店名からもわかるようにここは麺と上海風小籠包がウリもの。麺類は全てオーダーが入ったあとで、料理人が麺作りから始めるので少々時間はかかるけれど、これ以上新鮮な麺ってないですよね。その様子をカウンターで観賞することもできますよ。こんなにリーズナブルなお値段(四川担々麺35香港ドル、約410円)でこんなにおいしいものをいただけるのは香港だからこそ。ランチタイム(オフィスのランチタイムは13時半~)は長蛇の列ができるので、少し時間をずらしたらあまり待たずに席に案内されることでしょう。

<DATA>
Crystal Jade La Mian Xiao Long Bao
住所:Shop B221A, Times Square Causeway Bay
TEL:(852) 2506 0080
アクセス:MTR銅羅湾A1出口、徒歩1分
営業時間:12:00~15:00、18:00~23:00
料金:30香港ドル~(約350円)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。