はまぐりプラザ

桑名の漁業について知りたい方のためにおすすめの施設があります。それは公民館・漁業交流センターが入った複合施設として2010年にオープンした「はまぐりプラザ」です。

hamarugi

はまぐりプラザです。


施設内には、漁業についての展示室、揖斐・長良川河口が一望できる展望デッキがありますし、漁師まち・赤須賀などの歴史を知ることができます。はまぐりの成長過程のパネルも展示されているので、桑名のはまぐりをどのように守り育てているかを知るには、最適な施設。施設内にはレストランも併設されて、お値打ちにはまぐり料理もいただくことができます。

hamaguri

はまぐり漁の船です。


<DATA>
はまぐりプラザ
所在地 三重県桑名市大字赤須賀86-21
電話番号 0594-22-6010
交通アクセス
・徒歩
JR・近鉄桑名駅から徒歩35分
(駅より八間通り東進1.5キロメートル つきあたり揖斐川遊歩道南進0.5キロメートル)
・バス
桑名市内循環バス(10分)赤須賀バス停下車、東へ1分
・自家用車
中央通り、赤須賀港信号を東へ0.6キロメートル
営業時間 11:30~13:00(ランチ営業)
定休日 毎週火曜日および第1、第3日曜日
http://www.intsurf.ne.jp/~hamaguri/


桑名産のはまぐりを買えるお店

桑名産の高級はまぐりを扱っている「貝増 赤須賀店」をご紹介します。こちらの御店の高級品は銀座の料亭で使われています。はまぐりの大きさもいろいろありますし、国産はもちろん輸入品のはまぐりも、店頭で表示の上販売されているので安心です。

hamaguri

桑名産のはまぐりです。


はまぐりの見分け方をご存じでしょうか?良いはまぐりかどうか確かめるためには、はまぐり同士を手でやさしくぶつけて、音を聞ききます。澄んだ音で『カチッ、カチッ』と音がすれば、それは良いはまぐりの証拠なのです。高級料亭で使われるはまぐりは、きっと良い音が響くのでしょう。

hamaguri

はまぐりの見分け方です。

 

平安時代から貝合わせの遊びに使われてきたはまぐり。店頭にはこのように美しく彩られた貝殻が展示してあります。芸術家のみなさんの手によって、はまぐりも雅な世界の道具になるのですね。

hamaguri

貝殻で作られた芸術作品です。


貝殻が欲しい方のために、綺麗に洗って店頭で販売もしています。手芸の材料に買い求める方も多いことでしょう。無料の貝殻や1000円以上の商品を買ったら「おまけ」でいただける貝殻もありました。

kaigara

はまぐりの貝殻です。


貝増では、桑名港で水揚げされたばかりのはまぐりの他に、「時雨煮(しぐれに)」の販売もあります。時雨煮は茹でたはまぐりのむき身を、生引溜(きびきたまり)を沸騰させたハソリ(大鍋)に入れ、「浮かし煮」と呼ばれる独特な方法で煮て作られます。風味付けに刻んだ生姜を加えてあります。

桑名市内には時雨煮のお店は多く、時雨煮、志ぐれ煮とお店によって表記が違います。はまぐり以外、あさりやしじみでも作ります。

桑名のお土産には時雨煮がおすすめです。専門店では量り売りをしていますから、甘口辛口大きさと色々選んで詰合せて買えるのが嬉しいです。

hamaguri

時雨煮


<DATA>
貝増 赤須賀店(カイマスアカスカテン)
所在地  三重県桑名市赤須賀市場町西86-8
電話番号 0594-22-4908
交通アクセス 桑名駅東口より三交バス市内循環10分、赤須賀より徒歩3分
※はまぐりプラザの向かい側にあります。
営業時間 8時30分~18時30分
休業:1月1日~2日

次は弥次さん、喜多さんも渡った七里の渡しです。