内宮にかかる宇治橋の大鳥居を出れば、にぎやかな「おはらい町通り」

伊勢神宮(内宮)を参拝した後でぜひ寄っていただきたいのが、おかげ横丁です。宇治橋から見て、人が大勢歩いて行くのがおはらい町通りで、その通りの中ほどにある赤福本店の前にあるのがおかげ横丁です。なお、宇治橋の宇治はこのあたりの町名からついています。京都にあるのは山城国宇治、こちらは伊勢国宇治です。

電柱が撤去され、アスファルトではなく石畳を歩くことができるおはらい町には、間口が広い大型の土産物が並んでいます。上店(かみみせ)と呼ばれ、修学旅行などの団体客が二階で食事をしたり、土産物を買ったりすることが多いです。店の入り口の看板を見れば、今日はどこの団体客が予約をしているかがすぐにわかりますよ。

おはらい町

おはらい町通り。電線がなく広いです。


上店の前をしばらく歩くと、店舗が大型店から専門店へと変わっていきます。時間があれば、ゆっくり過ごしたくなるお店がほとんどで、道を歩くだけで楽しいひとときが過ごせます。たとえば、伊勢うどんのお店、小物のお店、はんぺんのお店、豆腐ソフトクリームの販売やお洒落なカフェもあります。威勢が良くて気持ちも明るくなるような大きな声も響いています。たくさんお店がありますが、その中からいくつかご紹介しますね。

伊勢の人が愛用する胃腸薬「萬金丹」

萬金丹はおなかの調子が悪い時に飲む常備薬として、600年の歴史を持つ伝統薬です。伊勢参りのお土産としてかさばらないこともあり、重宝されたそうです。試食でいただいた萬金飴は黒砂糖味で美味しかったので、一袋お土産に買って帰りましたら、大好評であっという間になくなりました。ゑびや食堂の前で売っています。ネット通販もあります。
萬金丹

萬金飴

伊勢くすり本舗

女性に人気の観音力カード

やまとの姫という小物のお店は、女性の関心を集めている観音力カードの特約店です。観音様のカード、龍のカードなどの他に、内宮にお祭りされている天照大御神の美しいカードがあります。名古屋の美術館で龍の原画を見たことがありますが、それは華やかであり、繊細であり、素晴らしいものでした。
やまとの姫

観音力カードが売っています

やまとの姫(10:00~17:00)
三重県伊勢市宇治今在家町45
0596-27-8555
定休日 月曜
www.imagine-koubou.com/ (観音力カードのHP)

ひもの塾で干物の魅力を再発見

ひもの塾では干物の試食ができます。内宮に来るたびについ寄ってしまうのがこのお店です。焼き立てでアツアツの干物とはこんなに美味しいものなのかと、毎回食べながら感動しています。新鮮な伊勢志摩の海産物だからなのでしょう。また、店内にサメのカンピンタン(かわいたものという意味・干物です)が吊り下げられています。サメは伊勢志摩では貴重な食材でもありますが、魚屋では実物大では見ることができませんので、ひもの塾で見ることも楽しみの一つです。
ひもの塾

ひもの塾では試食もできますよ。

ひもの塾 伊勢本店(9:00~17:00)
三重県伊勢市宇治今在家町35
0596-37-0833
定休日 なし


五十鈴川の堤防からも近いおはらい町

右手に赤福本店があれば、左手はおかげ横丁です。ここは四つ辻になっていて、このあたりでは一番人でにぎわっている場所です。赤福本店の横を抜けていけば、五十鈴川の堤防に出ます。人ごみに疲れたら、ぶらぶら堤防を散歩するのも良いですね。桜の季節には桜祭りも開催されていますよ。

看板

おかげ横丁

おかげ横丁の建築物

おかげ横丁はテーマパークではないので、入場料はありません。塀で囲まれてもおらず、誰でも自由に入ることができます。また、切り妻屋根の木造家屋になっています。面白いことに、近くにある五十鈴川郵便局や百五銀行も木造建築です。街並みに配慮して建築されたようですね。
木造建築

五十鈴川郵便局

銀行

百五銀行

おかげ横丁は、伊勢名物で知られる「赤福」が建設した新しい町です。平成5年に出来たばかりで、私が子供の頃はありませんでした。約4000坪の敷地の中に約50ほどある店は、江戸期から明治期にかけて伊勢路にあった代表的な建造物を移築したり、復元したものです。行くたびに新しい発見があるのも、おはらい町とおかげ横丁を歩く楽しみでもあるのですよ。

次はおかげ横丁の猫のご紹介です。