亀山のB級グルメ「亀山みそ焼きうどん」が楽しめる「京屋」

 

 

亀山は古代からの宿場町(東海道)で、古くは壬申の乱の舞台となった所です。現在も東西交通の要所で、シャープの亀山モデルで一躍有名になりました。

亀山の旧国道沿いに「亀八食堂」という焼肉屋があり、大型トラックの運転手が多く利用していましたが、この店の通の食べ方が、味噌で焼肉をしながら玉うどんをぶっこんで食べる食べ方でした。

濃厚な味噌でうどんを食べる実にシンプルな料理で、やがて家庭にも浸透していきました。ケンミンショーでも取り上げられたB級グルメです。

現在は亀山の30店舗ほどで亀山みそ焼きうどんを食べることができ、それぞれのお店が個性を出し独自の味を出しています。今回は、亀山市役所近くの京屋さんで亀山みそ焼きうどんを注文。

単品(680円)もあるのですがご飯と赤だしのセットを頼みました。つまり関西でいう焼きうどん定食です。出てきた亀山みそ焼きうどんを見ると、焼きそばのような感じでソバではなく、うどんになっているだけです。上に半熟玉子がのっていて、それをつぶして食べます。食べるとソース味ではなく味噌味!辛くなくけっこう甘いですね。これなら子供にも人気がでるでしょう。

お店のすぐ近くを東海道が通っていますが、かつての町の名前と屋号を記した木札が各家にかかっています。本陣跡の他に、米屋、畳屋など生活に直結した木札を見るのも楽しめます。

■お店のデータ
京屋
住所:三重県亀山市東丸町521-6
亀山城跡のすぐ近く
定休日:日曜、土曜祝日の14:00以降
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30
サイト:http://kyoya.hp4u.jp/
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。