マッチ箱のような電車に乗れる!? 三岐鉄道・北勢線

 

 

夏目漱石の「坊ちゃん」に「乗り込んで見るとマッチ箱のような汽車だ」と軽便鉄道が登場しますが、かって日本各地を軽便鉄道が走っていました。

線路の幅が762mmと狭いため、車両の幅も狭くなり、まるでマッチ箱のような電車になります。現在も森林鉄道や黒部峡谷などで軽便鉄道が走っていますが、日常的に乗客を運んでいるのは三重県の2路線だけ。その一つが三岐鉄道・北勢線です。

もう一つは四日市駅から出ている近鉄内部・八王子線。北勢線は3両編成でシートに座ると前の乗客との幅が実に狭く、足を伸ばせば十分にあたります。

北勢線は桑名駅といなべ市の阿下喜駅を結んでいます。平行して三岐鉄道・三岐線が走っていますが、こちらは軽便鉄道でなく普通の電車。阿下喜駅には軽便鉄道博物館があり、さらに小さいミニ電車にも乗れます。

■データ
三岐鉄道 西桑名駅~阿下喜駅
http://www.sangirail.co.jp/
Yahoo!地図情報(西桑名駅)

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。