三重 ガイド 大石 ゆう

おおいし ゆう

三重県で暮らし続けて50年、生まれも育ちも生粋の三重県ライター!

三重県四日市市で生まれ育ち、嫁ぎ先も四日市市内。三重県の良いところを県内外にアピールするために「三重・四日市ジャーナリスト」と名乗り、WEB上で活動中です。

得意分野

グルメ、神社、パワースポット

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数14

ガイドからの挨拶

三重のページへようこそ。

私が生まれ育った三重県は、気候も温暖で暮らしやすく、人々の性格はのんびりとして堅実な土地柄です。
そして、三重県は行ったことがない人でも、知っているモノや場所がとても多いのですよ。
日本人の心のふるさとである「伊勢志摩」、F1で有名な「鈴鹿サーキット」、世界遺産に指定された「熊野古道」、高級な食材である「松阪牛」、世界中から遊びに来る「長島リゾート」、実はそれ、ぜんぶ三重なんです。

また三重県の名前は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東方遠征を終えて尾津前(尾津浜・桑名市)から能褒野(のぼの・亀山市)へ向かう途中の三重郡(四日市市)で、『古事記』に「『吾が足は三重の勾がりの如くして甚だ疲れたり』とのりたまいき。故、其地を號けて三重と謂ふ」とあることに由来するとされています。

伊勢神宮におまつりされている天照大御神(アマテラスオオミカミ)の御杖代(ミツエシロ)であられた倭姫命(ヤマトヒメノミコト)は、日本武尊の叔母です。三重県は古事記に登場する神様にゆかりのある土地なのです。

誰でも知っている三重のこと、美味しいお店、楽しいお祭り、伊勢神宮以外のパワースポットについてもご紹介していきたいと思います。

「美味し国 三重」へご案内します。

ガイドの新着記事

  • 伊勢神宮の正しい参拝順路は?知っておきたい豆知識

    伊勢神宮の正しい参拝順路は?知っておきたい豆知識

    三重県で一番有名な神社といえば、伊勢神宮でしょう。「お伊勢さん」「大神宮さん」と呼ばれていますが、「神宮」というのが正式な名称です。伊勢神宮は2000年の歴史がありますが、まだ参拝したことがないという人も含めて、事前に知っておくべきことについて、ご紹介いたします。

    掲載日:2017年10月11日三重の観光・旅行
  • 給食から誕生!三重のご当地グルメ・津ぎょうざって?

    給食から誕生!三重のご当地グルメ・津ぎょうざって?

    三重県のご当地グルメとしてB-1グランプリに出場しゴールドグランプリを受賞した津ぎょうざ小学校。津ぎょうざの定義は「直径15センチの皮を使うこと」と「油で揚げること」の2つです。津ぎょうざ協会加盟店で具の違う津ぎょうざが味わえるのも楽しみもあり、持ち帰りができるお土産としても人気です。今回は津ぎょうざの人気店「いたろう」を取材してきました。

    掲載日:2017年08月25日三重の観光・旅行

All About NEWS 新着記事

  • 冬の赤福ぜんざい、夏の赤福氷、毎月朔日餅を食べる「赤福マニア」とは?

    なんでもマニアというのがありますよね。鉄道マニア、廃墟マニア、ガンダムマニア……。かなり酔狂な世界に没頭する彼らの姿に思わず一歩引いてしまうこともあるでしょう。

    2014年12月28日

  • 夫婦岩の魅力

    写真は二見浦にある夫婦岩です。大きな岩と小さな岩が注連縄で結ばれています。6月の夏至の前後1週間は岩の中央から日の出が昇り、天気が良ければその背に霊峰富士を仰ぐ

    2014年12月21日

公認ガイドブログ

  • 伊勢市駅から外宮へ続く参道

      こんにちは、大石ゆうです。 私は伊勢参りに行くときは近鉄特急に乗り、伊勢市駅で降りて外宮まで歩きます。   ここ数年、外宮参道には新しいお店が立ち並び、だんだんと美しく変化してきました。   写真の花...

    更新日:2017年01月19日
  • 久しぶりに椿大神社を参拝しました

    こんばんは、大石ゆうです。 今日は2年ぶりに椿大神社を参拝しました。 夢で庚申さまという言葉が出てきたからです。 猨田彦さまを指す言葉でもあるのですよ。 曇りで参拝には丁度良かったです。

    更新日:2016年09月11日