まずエステか医療機関を選びますundefined

まずエステか医療機関を選びます

今はめずらしい「ニードル脱毛(電気脱毛)」

この施術を行っている施設数はとても少なくなりました。
現実的な使い方としては、光脱毛ができない部分や、反応的に毛が濃くなってしまった場合の補助として使用するのが効果的です。

メリットは?
  • 色素沈着している部位でも脱毛できる
  • 反応性に毛が濃くなる事がない

デメリットは?
  • 手間がかかるので、料金が高額になる
  • 広範囲の脱毛はむずかしい
  • 痛みはレーザー脱毛よりも強い
  • 施術者のレベルによって違いがで出る
  • やけどや色素沈着を引き起こす危険がある

ワックス脱毛

皮膚に専用のワックスを直接塗布し、一気に剥がすことで毛根からムダ毛を抜き取る方法です。
単純な方法ですが、やはり肌への負担がありますので、個人的にはあまりおすすめできません。

メリットは?
  • 手技が簡単で手間がかからない
デメリットは?
  • 肌のトラブルの原因になる場合も

自宅用の脱毛器

最近は、美容機器として、個人で手軽に手に入れられる安価なレーザー脱毛器も多く販売されています。
ただし、出力などが法律で厳しく規制されているため、エステや医療機関とは出力が異なり、ほとんど効果がないことも多いのです。

メリットは?
  • 自宅でいつでもケアができる 
デメリットは?
  • 効果の弱いものが多い

世の中の脱毛の流れ

男性の脱毛も増えていますundefined

男性の脱毛も増えています

このように、日本で行われている脱毛にはたくさんの種類がありますが、
光やレーザーを用いたものが主流となっています。
昔のように、針やワックスが使用される事はまれになり、より早く、より安全にシフトしているといえます。
また、美容医療の業界にいると、本当に男性の方が増えていると感じます。

いろいろな方が脱毛をするようになったからこそ、脱毛の方法もさまざま。
どの方法で脱毛をするかは自分の毛質や毛量、痛みの大小、肌の色やタイプ、かかる時間などのメリット・デメリットを考慮して、選んでいただければと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。